足の向くまま気の向くまま
思いつくまま気の向くまま!な感じの日記!!運動が嫌いだったのにジョギングを始め汗をかき息を弾ませる事の気持ち良さを知るwで今度はロードバイクに興味を持ちボチボチと走っております。
FC2カウンター

プロフィール

ひで

ひで
関東在住・30代・男性
2006年9月よりジョギングを始めました。
フルマラソンを3度、10km、ハーフなど幾つかの市民大会に参加。
2008ツールドフランスのダイジェストをNHKで見て「オイラもロードバイクに乗る!」と2009.1月にオークションで古い中古のロード買って乗り始めました~(笑)
耐久、ヒルクライム、サーキットでのホビーレースなんかにも参加して行きたいです。

カレンダー(月別)

01 ≪│2007/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスリートクラブ
年季の入ったニューバランスのCM990で走り始め
アシックスのGT2100 NEW YORKを買い走ってました。

最初は一回に5~6キロくらい走ってたのを、10キロくらい走るようにしたら膝だったり太ももだったり足裏だったりあらゆる所が痛くなってきて。
で、6日も連続で走らない日が出来たり。
「もっと走りたいのに。一応フルマラソン完走を目標に掲げてるから、月間走行距離も伸ばして強くなりたいのに」って思ってました。

ミズノの測定会でウィズAって判定されてるから、
「やっぱりGT2100は足に合ってないんだ。足が痛くなるのはそのせい」と思い込むw
足の筋力不足からくる筋肉痛だとかはあって当たり前で気にしてません。
少しずつ鍛えて強くしていくしかないでしょうから。
だけど、足にあってない靴によるバランスの悪さ、捻れとか原因の痛みは排除したいなと。
一度思い立つと試してみないと気がすまない性分なので、GT買ってからそんなに経ってないのに新しいシューズを調達する事を決意する。
今度はきっちりプロの意見を参考にしよう。っていうか、選んでもらう。
「あなたにはコレです」と。専門家にそう言って貰えれば納得し安心して履ける。
走歴が何年もあり、いろんなシューズを買って履いてきて、なかには失敗した買い物もあったりして試行錯誤の末、自分の求めるシューズが明確になってる人ならまだしも、
自分はズブの素人でどんなシューズが合っていてどれを選べばいいのか解っていない。
だから素直に薦めてもらった靴を履こうと。

そこでシューフィッターの丁寧なカウンセリングの元にシューズ選び&オーダーインソールを作ってくれるランナー御用達の専門店として有名なアスリートクラブ。
雑誌でもおなじみですね。なにせ「要予約」ですよ。アドバイスを聞きながら何足も試し履きして納得いくまでシューズ選びに付き合ってくれると評判です。
2007年年始休み明けに電話しました。残念ながら「今日は予約でいっぱいです」との事だったので次の自分の休みの日に予約を入れました。
で、改めて予約の日に店に。
最初に用紙に記入する。今履いてるシューズは?とか、運動や走りの経歴とか、10キロ、ハーフ、フルのタイムだとか、痛みの出る箇所は?とか。
次にフットスタンプで足型を取る。
この時の店員さんの第一声もミズノの測定会の時と同じ「細いですね」と。
そして足首の可動域を測る。左18°右20°で、まあ、標準的。
フットスタンプによる足型の診断では
「筋力不足」(走り始めて4ヶ月だし仕方ないよね)
「内側への倒れこみ」(やっぱ、捻じれは出てるんだねぇ。自覚なしw)
「重心がかかとにかかっている」(これは以前マッサージ店でも指摘された事がある。腹筋が弱く腰の方にもたれかかるように後ろに重心が乗ってると)
「指がうまく使えてない」(足の指でグー・パーを何度か繰り返すのを毎日すると良いとアドバイスされた)
などの指摘を受けました。この診断を元にうまく補うようにインソールは作られるそうです。

次にいよいよシューズ選び。「とにかく店に置いてある一番細いシューズを出しましょう」と。
で、出てきたのがこのSAUCONY Grid Type A(SAM 2701)
あ、赤い。派手だ。オイラの感覚では、めっちゃカッコいい部類だ。イカス~。ルックスには一目惚れ。
店員のお兄さんも「これ、街履きでもいけますよ」と。うん、オイラもそう思う。
そして、足を入れてみる。「あ、コレだ」まさにそんな感じ。
今まで足を入れてみて一番心地よかったアディゼロCSより更にフィットしてる感じ。
靴下とか足袋だとかそんな袋に足を入れたような感触がある。足に吸い付いてくるような感覚。足にフィットするって言うのはこういう事かと。
店員さん、上級シューフィッターの資格をもつ店長の三宅さんに確認を請う。雑誌の写真でみる三宅さんがフィットを見てくれる。
写真で見るより実際の方が職人然としている印象を受けました。
踵から甲の方まで触り曰く「うん。なんとか留まってるね」と。なんとか?そう、これでも「なんとか」って言うレベルですかw
そして指先まで触って「あれ?結構余ってるね。もう一つ下のサイズでいい」とワンサイズ下を履いて再度確認。
「うん。これでいい」と。この瞬間、このシューズがオイラの新しい相棒だと認識。
何足も試し履きする事もなく1足目で決まっちゃいました。

店員さん「選択肢が無くてすみません」と申し訳なさそう。でも、オイラの足が細いから仕方ないでしょ。
「駄目もとで、こっちも履いてみますか」ともう一足出してくれたのがアシックスのGEL-DS TRAINER。オイラの中では、すでにGrid Type Aに決まってたけど、せっかくだからこっちも履いてみた。
でも、駄目。足入れた瞬間、駄目だこりゃ、緩い。一応、紐を結び店員さんがチェック。
「あら~、緩い。こんなに違うんですねぇ」と。おのずとGrid Type Aに決定。

この後、カスタムインソールの為に足型の3Dスキャン。
仕上がりは3週間後。通常は1~2週間後らしいですが、この時ウルトラマラソン参加の為の定休日が間に入ってたのでその影響かと。

かくして親愛なる相棒を手に入れた(足を入れた?w)訳です。

↓↓↓ クリック ↓↓↓

人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。