足の向くまま気の向くまま
思いつくまま気の向くまま!な感じの日記!!運動が嫌いだったのにジョギングを始め汗をかき息を弾ませる事の気持ち良さを知るwで今度はロードバイクに興味を持ちボチボチと走っております。
FC2カウンター

プロフィール

ひで

ひで
関東在住・30代・男性
2006年9月よりジョギングを始めました。
フルマラソンを3度、10km、ハーフなど幾つかの市民大会に参加。
2008ツールドフランスのダイジェストをNHKで見て「オイラもロードバイクに乗る!」と2009.1月にオークションで古い中古のロード買って乗り始めました~(笑)
耐久、ヒルクライム、サーキットでのホビーレースなんかにも参加して行きたいです。

カレンダー(月別)

10 ≪│2007/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の反省(2007.11)
11月は走行距離125.5km(うちウォーキング6.3km)
前月は192.7km

今月は初フルデビューが控える。

走った日が9日。
今月のポイント練習はペース走。
先月の10/19のハーフ・タイムトライアルで、6月のハーフで大会記録を破り自己ベスト更新。
とても調子良くいい流れで11月に入れた。
11/2に30kmペース走をこなし自信を高める。
この時点での予定では11/9に20m、11/16に10kmのペース走・・と、この30kmをピークにして強度を落として行き調整に入るハズだった。
が、ROAD TO NYC の5期生 小田島照美さんが初フルを3時間15分23秒で走りきったのにライバル心を燃やし予定を変更。
30km走の疲労をしっかり抜かぬまま11/6に「キロ4'25でどこまで引っ張れるか」を試してみようとする。
しかし、10km自己ベストの時の平均ペースがキロ4'17であるオイラ。これに近い水準の4'25は持久ペースにあらず、10kmで轟沈。
この時以降、膝痛が出て大会前だと言うのにまともに走れない状態になってしまう。
途中までは最高の仕上がりと思えてたのに、悪い状態に一気に転落w
ここから歯車が狂ってしまった。


走った9日のうちポイント練習が2回
30kmペース走が1回。10kmのスピード練習(?)が1回。

あとは、大会が1回。ウォーキングが1回。
残りの5日がjog。


今年最大のイベント、初フルデビュー戦。

第27回つくばマラソン 42.195km男子総合4540位
タイム:
グロス 4時間16分48秒
ネット 4時間13分22秒(1キロ平均6'00)

当初の今年の最大の目標は「フルマラソン完走(できれば4時間以内で)」だった。
6月の大会でハーフ1時間42分13秒(1キロ平均4'50)を出した時には、(できれば4時間以内で)の「できれば」は外れた。
秋のフル挑戦までにはあと5ヶ月程度時間あるし、4時間以内は出来て当然、どれだけいいタイムを出せるか・・への挑戦に切り替わってた。

その後、練習で10/19 ハーフのトライアルで 1時間38分19秒(1キロ平均4'39)
そして、11/2 30kmペース走で 2時間26分11秒(1キロ平均4'52)

もしかしたら、大会当日のコンディション如何によっては3時間30分狙えるんじゃないの?なんて身の程知らずな勘違いをするw
3時間30分は現実的ではなかったとしても、
通過タイムが、ハーフ通過は1時間44~5分くらい、30km通過は2時間29分くらい、33.9kmの時点で2時間51分と
痙攣する、攣るなんていうトラブルが無ければ、3時間40分、50分は行けただろうなんて思う。
「できれば4時間以内で」というところから「3時間30分」なんていう飛んだ思い上がりな目標にまで徐々に上方修正していながら
当初の4時間以内さえクリアできないと思い知った時には、悔しくて涙を流しながら走ったほど。

痙攣した事は、攣った事は「思いがけないトラブル」として片付けてしまっていたけど・・
でも、今思うに、あれは必然だったかなと。あのペースでフルを走り切る脚力は無かったと。

膝の調子が悪くなければ・・、直前に2週間練習できなかったし・・、あそこで攣らなければ・・、そうでなければうまくいったハズ・・。
そうやって、レース中、足を引き摺って歩いてる時から、レース後の数日間、「たられば」の言い訳ばかりしてた。
でも、今は、単純に「自分が弱かった」と思える。自分の弱さをやっと認めた。
だからきっと強くなれるはず。
頑張るぞ!p(^^)q

って言っても気持ちに足がついてきてなくてレース後まだ走って無いしぃw
大会後はいつも軽い燃え尽き症候群になるので、早々に次の目標決めないとダラダラしちゃうなぁ~。

今後の候補は
ハーフで
第9回谷川真理ハーフマラソン(1/13)
第27回フロストバイトロードレース(1/20)
第30回神奈川マラソン(2/3)

フルで
第11回東京・荒川市民マラソン(3/16)

どれ走るかなぁ。

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

つくばマラソン-幻となった初フルサブフォー
先日、予告した「血と汗と涙の壮絶な道中」
第27回つくばマラソン大会記

書き上げました。
初のフルマラソン挑戦となるつくばマラソン
事前の30km走が2時間26分
ハーフの持ちタイムが1時間38分(練習時)1時間42分13秒(大会実績)
つくばエントリー時のタイム申請には3時間45分を目標タイムとして書き込みました。
30km走の時の平均ペース4'52よりも早いペース4'45で組み立ててあわよくば3時間30分にチャレンジしてみようと思ってましたが・・
流石にそれは、30km以降の過酷さを知らない者の身のほど知らずな考えでしたw

今後のレースの際に振り返って読む時の為に、朝何時間に起きたとか睡眠どのくらいとったとか何食ったとか個人的な備忘録代わりにもなってるので無駄に長いです(^^;)
適当に読み飛ばしてくださいw


<当日、目覚めの時、アラームvsオイラ>
つくば前日、9時半には布団に入る。
4時に起きて用意して5時に出発の予定だったので。
緊張してなかなか寝付けなたっりして布団で横になってても実際に寝ている時間は短くなってしまうだろうと、早めの就寝。
割とすぐに寝付けはした物の、12時過ぎ位に目が覚め、そこから寝付けず。
1時過ぎか2時くらいだったか良く覚えてないけど、その位まで時計を見た記憶がある。
でもその後、眠ったらしく、4時の携帯のアラームで起きた。
いつも勝手に目が覚めて起きる為、目覚ましは使ってなかったけど、流石に大事なイベント時はセットしておく。
実際、アラーム鳴ってなかったら今日は起きてなかったかもしれん、セットしておいて良かった。。
今回のように早朝に起きる事情があってセットしててもアラーム鳴る前に先に目覚めて鳴り出した瞬間を待ち構えて止めるw事が多い。
でも、今回は目覚ましに負けたw

<さておでかけ、つくばへの道>
起きてブログをチェック。応援のメッセージから元気をもらってモチベーション上げる。
行ってきますのコメントを書き込んだ後に、前日、用意してある荷物をチェックして着替え。
シャツにフリースに綿入りのウインドブレーカー。夜明け前でまだ寒い~。
チャリで駅まで行き、松屋で朝食。9:30スタートだから、5:30はスタート4時間前。
レース当日の食事は3時間~4時間前って謳ってる所が多い。オイラの場合は3時間前くらいがちょうどいい気がする。
4時間前はちょっと早いけど、池袋や秋葉では駅付近で早朝からやってる店がすぐに思い浮かばなかったので。
地元駅近くで豚丼を食う事にしたのだ。食い始めて向かいに座る人の朝食セットを見て後悔。
なんで、オイラ、豚丼?レース前だよ。普通、納豆とか卵の朝食セットだろう!w>俺
池袋に着いてトイレに入る。会場は混雑だろう。大を早々に済まして起きたいのだ。
「ばふっ!」・・・駄目だ、屁しか出ないw
諦めて秋葉に向かう。山手線、ランナー1組見かけただけ。思ったより少ない。
秋葉に着くとブレーカーにランニングシューズのいかにもランナーな人達が沢山。こうでなくっちゃ。
ランニングシューズの展覧会のようだwわくわく、足元ばかりみて観察してる~。
で、トイレで「大」放出に再度チャレンジするも、まだ出ない。やばくない?出ないままスタートしたらレース中にもよおす事、必至じゃんw
つくばエクスプレスに乗り込む。ランナーでぎゅうぎゅう。暑い。上着脱ぎたかったけど狭い所でモゾモゾ脱ぐのは迷惑だなぁと我慢。
そしたらシャツ、汗で濡れる。オイオイ、レース前に電車の中で水分を放出するなよw
つくばエクスプレスでも立ちっぱなし、シャトルバスでも立ちっぱなし。

<会場に到着して>
会場に着いたらすでに沢山の人。受付開始の7:30には着いてるつもりが、着いたのは8時過ぎ頃だったかな。
松屋で食ってる間に予定より1本遅い電車だったし、2度の無意味なトイレで時間をロスしてる。
まだ済ましてないトイレに並び大便放出、着替え、荷物預けにまた並ぶ、スタート地点付近に移動してアップをする。
そうなるとのんびりしてる暇は無さそうだなぁと。
「元和光市民」さんからも「荷物預けの混雑と意外に離れたスタート地点だから早めに」とアドバイス貰ってたし。
確かに、受付、更衣室&荷物預かり、スタート地点がそれぞれに結構離れてる。
時間的余裕はさほどないなと認識し、受付後、ゴールゲートを通りトイレに向かう。
ゴールゲート付近でhiddieさんらしき人を見かける。ゲート前での写真を撮ってもらってたんじゃないかな。
hiddieさんもいつもそうしてるみたいだし~。
似てるなぁ、そうじゃないかなぁと思いつつ、違ったら恥ずかしいなぁなんて気弱でシャイな面を発揮しw声をかけそびれる。
「救護テントの裏に陣取ってるって」みたいな事を連れの女性と話してるのが聞こえた。
もしかして甘党ランナーズ本部の事を言ってるのかも・・と。テント裏を覗いてみたけど、よく解らなかった。
真偽の程はどうなんでしょう?やっぱり全然別の人だったり?
おっと、時間なくなっちゃうとトイレに移動、あ~、やっぱ、並んでる。今度はしっかりと放出できましたw
出たブツを観るにほど良い固さのようだw
レース中、下痢で何度もトイレに駆け込むってパターンも無さそうで一安心w
更衣室に移動し、予定通りのスタイルに着替える。動かずにこの格好で居ると肌寒い感じだけど、一旦走り出すと暑くなりそう。
周りでも手袋やアームウォーマーは今日は要らないねぇ、なんて声も聞こえる。
まあ、アームウォーマーはずらせばいいし、手袋は外してタイツに挟めばいいし、このまま行こう。
ヴァームゼリーとバナナでエネルギー摂取。ここで水分もしっかり取るべきだったな。
荷物を預けに行ってスタート地点に向かう。肩回したり上半身を歩きながらストレッチ。
途中、建物の中に出入りする人を見かける。ん?トイレかな?
胸に着けた心拍計、まだ、電極を濡らしてないから、心拍感知してくれてないんだよね、表示が00ってw
チャンスだ!とトイレに行って電極と接触する胸の部分を濡らす。
心拍110~120あたりだ。OKしっかり感知してくれたね。レース前の緊張か、歩いてるだけでも120ってw
まあ、ほぐすようにストレッチしながら歩いてるからね。
5000番台の所に着いて足のストレッチ。番号事だからよっぽどスタート直前に遅れて来たのでなければ最後尾に並ばされる事はないみたいだね。
スタートが近づき気分高揚!わくわくするぅ!

<いよいよスタート、序盤はわっしょい皆でjogだ>
いざ、スタート。しかし、ぞろぞろ歩いてるだけ。
スタートラインを通ってストップウォッチをスタート。
序盤はjogだ。大人数でわらわらとjog。しばらく進んでウォッチのオートLAP機能をオンにしてないことに気付く。
やべぇ、一旦、停めてセッティング画面に。1km毎のオートLAPで再スタート。
LAP計測は1.9kmが最初で、以降1km毎。
ストップウォッチ停めずに設定変えられたらいいのに。おかげで少しネットタイムとずれちゃったな。
徐々に自分のペースで走れるようになってきた。今日の設定タイムはキロ4'45、30kmまで粘れればと思ってた。
でも、やっぱ直前の2週間ろくに走れてないし、4.9km地点で4'49、心拍は173と高い。
これは今日は、4'45は無理だな、練習での30km走と同じ4'50を目安に行こう・・と。
しかし、6キロ過ぎあたりかな?脇を自動車が通る道に出る。ここでまた渋滞状態で6.9km地点でペース5'12
人の流れは5分オーバーだ。ちょっとイライラ。すり抜けをやるには人が詰まり過ぎでスタミナロスしそう。

<歩道を行く青いランシャツ兄さんとオイラ>
脇を見ると歩道を走ってるランナーがちらほら。公認コースだし、ちゃんと車道走らないとズルだろうなんて思っていたものの・・
9kmあたりから給水のある14kmあたりまで、歩道に上がって走るw
前を走る青いランシャツの若いお兄さん、ついていくと4'50あたりのペースっぽい。
お兄さんをペースメーカーに、9km~14kmはキロ4'51~54でまとまった。
14kmの給水でアミノバリュー摂る為に車道がわに降りる。青いランシャツ兄さんとはここでお別れ。
今回の給水は少々こぼしつつも前回のように鼻から吸ってしまって咽たり咳き込むなんて事が無くこなせた。

<魅惑のフトモモ>
15キロ過ぎくらいだったかな、ランパンランシャツのお姉さんを発見。
世の中の女性は、ランスカだ、ランドレだと騒いでおりますが、オイラ的に魅力を感じるのはランパンで剥き出しになったフトモモでございます!w
もし水谷理沙ちゃんなんかのランパン姿の後ろを走る事になれば全力でついていきますよw(しかし300mで振り切られるなw)
もう、「馬の顔の前のにんじん」状態です。ふっともも~ふっともも~o(*^-^)o
しかし、「Track and field」と書いたおっさんもふとももちゃんに張り付いてる。
オイラと柔らかそうなフトモモの間にことごとく立ちはだかろうとするおっさん!う~ん、邪魔だなぁ!(><)
なんて事を書いてみるのも、「笑いあり」って予告してたから~w
このフトモモちゃん、4'50に近いペースだったし、更には、自分のペースを維持しつつスルスルと人並みをパスして上がっていく様子が非常にうまく参考になってたのです。
オイラが抜く時は、「今抜く!」とガッとペースを上げて、抜いてスペースがある所に収まるとまた自分のペースに戻す・・ってのを繰り返して上がって行く訳で。
非常にスタミナをロスするような、無駄に足を使ってる感じなので、このフトモモちゃんのようなスムーズな走りを観察して見習おうとしてたのです。
フトモモちゃんをペースメーカーにしたのはエロだけではありませんよw勉強も兼ねてだったのです!w
まあ、エロ8割勉強2割ですがw

<そして悲劇は起こる!蛙とオイラと三角コーン、3つ交わる時、血みどろの惨劇が!>
17kmあたりかな、折り返して来た選手とすれ違うようになり、心の旅人さんとかhiddieさんを発見できるかなとそっちに気を取られて走るうちにフトモモちゃんとじわじわ離れてしまった。
その頃、前方に走る大きな緑の頭が見え隠れ。追いつくと、カエルが走ってる!
折り返しコースだから、走ったほとんどの人が見かけたのではないでしょうか。
全身を覆ってるいかにも暑そうなカエルの着ぐるみ。追い抜く時に顔を覗き込んで「頑張ってください!」って手を振りながら声掛けたの。
そう!その時!「ぼこっ!」と足に衝撃!三角コーンにぶつかり前方に吹っ飛ぶようにダイブ!w
ぼこっ!(インパクトの瞬間)ズザッ!(手をつき手の平、膝、肘をしこたま擦り剥く)ゴロ(勢いよく横に一回転)スタっ(回転の勢いで立ち上がる)スタタ・・(何事も無かったように走り始める)」って感じ。
一瞬の出来事、柔道の前回り受身の練習みたいな感じで1回転して立ち上がる感じ(だったような気がする)
カエルさん「大丈夫ですか!(@@;)気をつけないと」とびっくりして声掛けてくれる。
カエルに心配されるオイラって(^^;)
「大丈夫です・・」といいつつ擦り剥いた個所がズキズキする。あ~、痛てぇよ~(;;)
痛いし、恥ずかしいし、気が動転して、周りに謝るのも忘れてた。後続のランナーにも邪魔になっただろうし、ペース乱しちゃったよねぇ。
足ぶつけて吹っ飛んだコーンも誰かに当たったりしなかったかなぁ。あ~、ゴメンなさい~。
よそ見して走ったからこうなる~。ズキズキ痛む膝を見るとキネシオテープは無残に破れ一部剥がれて垂れてる。
そして、擦り剥いた膝2箇所に血が滲んでいる。手の平、打撲。肘も擦り剥き血が滲む。
「血と汗と涙の・・」のの部分はこのエピソードからねw
血みどろといいつつ擦り傷で血が滲んだだけだけどw
この後、心の旅人さんとすれ違うも気付くのが遅かった為に、声掛ける間も無く(^^;)
サブスリーランナーとすれ違うのは一瞬ですよ。オレンジのランシャツかと思ってたらこの日は青だった。
前日、更新された記事に書いてあるんだけど、オイラが寝た後にUPされた記事だし、朝には自分のブログのコメントをチェックしただけだったから。
青だって知ってたらもうちょっと早く発見出来て、「かっちゃ~ん!(心の旅人さんと叫ぶのは恥ずかしいし、すれ違い様には言いにくいし)」って声掛けれたかも知れないのに、失敗した~。
手首から下をダラリと下げて「うらめしや~」みたいなポーズでしたよ。あれってリラックスするためにやる手ブラブラの一種なのかな?
hiddieさんの走ってる姿は確認出来なかった、オレンジのシャツを気にして見てたけど・・残念。

<ハーフ、折り返し地点と少年の応援>
オイラが大転倒を演じた間にフトモモちゃんは前方に見えなくなりつつある。
ここで、足使ってペースを上げて追いつくなんて事までは流石にしないよ。そこまでストーカーじゃないしw
転倒後、18.9km地点:4'54 19.9地点:4'51 20.9地点:4'49とうまく4'50でまとめようとする。
しかし、転倒前は心拍170後半だったが、転倒後180前半に突入。
ハーフ通過は1時間44~5分かな。練習での30km走の21km通過が1時間41分56秒。
2~3分程度の遅れかな。まあ、ロスはあれどキロ4'50を意識したペースでここまではなかなかいい感じで来れてる
折り返した後、前方にランナーとハイタッチする4人ほどの少年達を発見。あ~、オイラもオイラも・・と歩道側に寄り、「イェイ、いぇい、イェイ!」と連続してハイタッチ!
気持ちいい~、まだまだ元気じゃんと思ったのもつかの間、心拍180台に入ってから既に数キロ経過。
きっつい。ペースを落とすべきだね。30kmまでは、キロ4'50を意識して居たかったんだけど・・。

<ふくらはぎ見事な筋肉のおじいさん>
ハーフを過ぎ21.9km地点で4'59 もはや4'50ではなく5'00ペース
前方に青のスカイセンサーを履いたおじいさんを発見。ランシャツランパンも青系で決まってる。
ふくらはぎの筋肉が半端なく見事だったから気になった。
先のフトモモちゃんと同じく、この方も経験豊富な歴戦の勇者であろうw
こういう人はきっちりイーブンで走ってくれる。付いてみるとキロ5'00っぽい。
よろしくお願いします、おじいさん・・ということで、新たなペースメーカーに認定w
29kmあたりまで、頑張ってこのおじいさんに付いてキロ5'00を目安にする。
しかし、~30kmまで、キロ4'50を意識して走るつもりだったのが
~21kmまでキロ4'50で、21km過ぎ~29kmまでがキロ5'00 になってしまったので、3時間30分あたりは無理だなと。
29.9地点でキロ5'13まで落ちた。5'00ではもう維持できない。
30km通過は2時間29分くらい。練習の30km走が2時間26分だったから3分ほど遅い。
おじいさんにもついて行けずどんどん離される。ありがとう、おじいさん、ご検討を祈ります。

<30km以降の失速>
ここから先は、未知の領域。ペース走は30kmまでしかやったことがない。これ以上の距離はjogペースLSDペースしか経験が無い。
30.9km地点:5'08 31.9km地点:5'26 32.9km地点:5'21 33.9km地点:5'38
ペース維持できない。どんどん落ちる。おしるこ、摂らずに通過した。1秒でも惜しいから。
33.9kmの時点で2時間51分
残りの8キロを
平均キロ6分なら+48分で、3時間39分
平均キロ7分まで落ち込んでも+56分で、3時間47分

当初の計画では、30キロまでキロ4'50のイーブンペース、30km以降は、緩やかなビルドダウンで考えていた。
ブレーキがかかるのは仕方が無い。自分がフルマラソンをイーブンで走れるなんて思ってない。
落ちるのは想定の範囲内、だけど問題はその落ち幅。
急ブレーキではなく、1km毎に気力で粘りに粘ってちょっとずつ落ちて行く感じに抑えたい。
いざ、ここから。ここからが本当の闘い。ここからの数キロこそがフルマラソンその物だ
すでにペースは33.9km地点で5'38まで落ちてる。
頑張って、5'40で1キロでも先に、落ちたら今度は5'50でまた1キロでも先に、何とか6分を割らないペースで1歩でも先に・・。
そうすれば、3時間半は無理だったけど、3時間40分はここからの頑張り次第で切れるはず。
無理でも、つくばの申し込みに書いた3時間45分は切って見せよう。
そう思って気合を入れた矢先の事だった・・・

<硬直した両足と流れる悔し涙>
34km過ぎたあたりかな。
突然、両足の腿が鉄のように固くなって行く。あたかもギューって音を立てていくように。
走るどころか、歩くのもままならない状態。仕方なく歩道に上がって立ち止まった。
屈伸してみる。コレが30km過ぎの壁なの?もしそうだとしたら、みんなこんな状態で走ってるの?って思った。
そのまま歩道をよろよろと走り出す。その瞬間、ビーンって正にそんな音が聞こえてくる感じ。
腿の前面がガチガチに固まる。膝も曲げられずピーンと突っ張ったまんま固まった。
「なにこれなにこれなにこれ!」焦りまくる。こんなの経験が無い。左の腿は「びくびくびくっ」と別の生き物かの様に脈打ってる。
つった?つったの?ビクビクってこれ痙攣?まさか、こんな所で?なんで?嘘でしょ?
以前に読んだ心の旅人さんの同じように痙攣が出た時の記事を思い出す。
もうパニック状態。どうしていいか全然わからない。
今からみんなと一緒に戦おうとしてたのに。戦う権利さえ与えられないの?
いや、違う、いま脇を通り抜け走ってる人達もみんなそれぞれに苦しいんだ。
ならばオイラも今抱えるこの苦しみと戦わなければ・・と思い直す。。
足の状態が良くないままレースを走る事になった為に、膝の状態が悪くなればDNFも有り得るかもね・・なんて思ってはいた。
でも、もし本当にDNFの危機が迫ったのなら、それと戦おう、這ってでもゴールラインを超えようとも考えていた。
まさか、その状況になってしまうとは。兎に角、前に進もう。
paraさんがレースで足がつった時の塩をくれたランナーの話を思い出した。ああ、塩を持っていればこの状況を打開出来たのだろうか。
硬直が収まるのを待って歩いてみる。しばらく歩いていけそうだったら走ってみる。
でも、また、つる。イタタタ、ビンと固まる。両足つると完全に停まってしまうから、そうならないようにしよう。
しばらく歩く。足から下が膝が曲がらないまるでマネキンの足がくっついてるみたい。
ぴょこぴょこと歩く。緩んできたらまた走る。つりそうな感覚になるとまた歩く。
街道のおじさんが歩くオイラに激を飛ばしてくれる「ゆっくりペースでも、走りさえすれば4時間、間に合うよ!
そう聴いて走り出すも、またビキビキとつりそうな感覚が訪れる。悔しいけれどタイムに関しては完全に諦めてしまった。
だけど、どれだけ時間がかかってもゴールラインは必ず超える。右足がつりそうなら左足で体を前に進める。左足が駄目なら右足で。
両足緩んだのなら、走ってみる。それでも、どんどん追い抜かれる一方。
涙がボロボロ流れてきた。悔しい。情けない。無念だ。
それと同時に「もうちょっと」「あきらめるな」と声を掛けてくれる街道の応援が暖かく背中を押される。
ありがたくて、更に涙が流れた。ポカリスエットを飲む、頑張って坂道を上がる、スプレーをかけてもらい角砂糖を頂く。
その辺はもう、時間的にどっちが先の事で、どっちが後の事だったか、わからないくらいになってる。
ただ、ポカリスエットで電解質バランスとかどうとか、そういうのが改善されたのか、一瞬、何事もなかったかの様に足が軽くなった時があった。
よく考えずに、がむしゃらに猛ダッシュした、ちらっと時計を見ると4'30~40くらいのペースが出てたような気がする。
ボロボロなのに?こんなペース?って思った。でも4時間4分30秒だとかの4分30秒をペース表示と見まちがえていたのかも。
そんな訳のわからない無謀なダッシュもほんの一瞬。またバキバキとつる。
がむしゃらに前に進む。競技場へ続く細い道。歩くオイラを追い越し際に、「あともう少しだ。頑張ろう」と声をかけてくれたおじいさんの言葉にまた涙が溢れる。
足を引き摺るオイラに「頑張って」と心配そうに声をかけてくれる人、なんとありがたかった事か。
競技場に入りトラックを行く。ああ、つらいながらも充実感に包まれて、このトラックを気持ち良く走りたかった。
なんとか辿り着いたっていう感覚しかない。最後のトラックくらい走ろうと頑張って追い抜く。
でも、最終コーナーあたりでまたつりそうになって、足を引き摺りながらのゴールになったような気がする。
電光掲示板は4時間16分だった。
ゴールラインを超える時、軽く右手を上げてみた。
けど、やり遂げたという自信に満ち溢れたガッツポーズではなかった。

「血と汗と涙の・・」のの部分はこのエピソードからね。
感動秘話で泣けると言う意味でなく、オイラがいい年してボロボロと涙をこぼし鼻をズルズル言わせながら泣いたという話なんですけどw


<ゴール後、現実を見つめる>
しばらく芝生にうずくまってクリスタルカイザーとソイジョイを頂き、参加賞を貰って記録賞を受け取る。

4540位
ゴールはしたけど、完走してない。フルマラソンに参加したのだけど、フルマラソンになっていなかった。
こんなはずじゃなかった。無かった事にして欲しいとまで思う。初フルとして残る記録がこのタイム。

荷物受け取りに並ぶ。恐ろしいほど長い列。寒かった。耳の後ろや、もみ上げのあたりが妙にザラザラしてるのに気が付く。
塩だ。汗が乾燥して塩を噴いてる。回りにいる人もそうだ、シャツやタイツから塩を噴いてる。
たっぷり汗かいたんだね。
「血と汗と涙の・・」の汗のエピソードはコレで、って事でw

更衣室に移動し職場のサブスリーランナーにメールで報告したら、「次はサブフォーを目指しましょう」だって。
悔しい。自尊心を傷つける。
自分はすでにサブフォーは出来てあたりまえのレベルにいると思ってた。
練習でそれだけの走りをして来たつもり。これは奢りなのか。
しかし、4時間16分・・これが現実。次はあたりまえのようにサブフォーやってみせる。
今回のこの経験がきっとオイラを強くさせる。
でも、それと同時にトラウマにもなった。また34kmあたりで足がつるんじゃないかと、痙攣を起こすんじゃないかと。
サブフォー所かフルマラソンをしっかり走りぬいて完走することなど出来やしないのではないかと。

ボロボロの足を癒すのにまた12月はろくに走れないんだろう。
つくばが終わった時の状態を見て、1月に、谷川真理かフロストバイトあたりに出てハーフの記録を更新しておこうと思ってたけど。
ハーフの大会記録1時間42分13秒だから。コレって、その後、練習で出した1時間38分より遅いんだもんw
ハーフに加えフルも不本意なままの記録が残る。リベンジする対象が増えたなぁ。

長文ですが、この辺で。最後まで目を通してくださった方、ありがとうございます。
いつも愚痴っぽい大会記で申し訳ないですw
いろいろな感情が混ざり合って、ぐちゃぐちゃでございます。
こんなに辛い思いするならもう、フルマラソンなんていいや、なんて思ったりもしますが・・。
このままで終わらせて引き下がる訳が無い!w
一晩たった今も、筋肉痛やらなにやら体中が痛く、立ち上がるにも座るにも歩くにも横になってて寝返りをうつにも「うが~、イテテテ」と言う状態でしてw
復活には時間がかかりそうですが、必ず「やぁ~ってやるぜぇ!」なオイラが帰ってきますw


●2007/11/25(晴れ)
第27回つくばマラソン
42.195km
タイム:
グロス 4時間16分48秒
ネット 4時間13分22秒(1キロ平均6'00)


距離 :ラップタイム:心拍

01.9 :10'13 :161
(オートラップ機能をオンにするのを忘れてた。途中で慌ててオンにしたので最初の計測が1.9km地点。以降1kmLAP)

02.9 : 5'11 :165
(序盤は混雑、みんなでjogな感じ) 

03.9 : 4'56 :169
04.9 : 4'49 :173
05.9 : 4'48 :173
(徐々に自分のペースに持っていこうとする。4'45で行ってみたかったけど2週間走れてない影響か心拍高く30km走の時と同じ4'50を目安にする)

06.9 : 5'12 :169
07.9 : 5'04 :168
08.9 : 5'02 :170
(1車線車の通る道路に出たんだと思う。また混雑。自分のペースに戻したいので歩道に上がる事にする。せっかくの公認コースなのに歩道に上がっちゃ駄目でしょw)

09.9 : 4'51 :175
10.9 : 4'54 :176
11.9 : 5'01 :177
12.9 : 4'52 :177
13.9 : 4'52 :178
(4'50で行きたい。同じ位のペースで前を走る青いランシャツの兄さんをペースメーカーに。共に歩道を走る)

14.9 : 4'57 :179
(給水の為、車道に戻る。給水の影響で数秒ロスかな)

15.9 : 4'50 :177
16.9 : 4'54 :176
(前方にランパンの姉さん発見!生足、太腿にロックオン!w)

17.9 : 5'03 :178
(悲劇その1、三角コーンにぶつかり大転倒!膝、肘、手の平を擦り剥き血が滲む。しこたま痛かった!)

18.9 : 4'54 :184
19.9 : 4'51 :184
20.9 : 4'49 :183
(転倒の影響もありランパン姉さんから距離が開いちゃう。ペースは4'50で。ハーフ通過は1時間44~5分くらい)

21.9 : 4'59 :183
22.9 : 4'56 :182
23.9 : 5'00 :185
24.9 : 4'59 :185
25.9 : 5'09 :186(給水ロス数秒かな)
26.9 : 5'01 :187
27.9 : 5'02 :188
28.9 : 5'04 :186
(ハーフ過ぎてきつくなる。心拍も180を越えて数キロ経過。5'00イーブンっぽい足の筋肉ぼっこりのおじいさんをペースメーカーに)


29.9 : 5'13 :186
(おじいさんと離れてしまった。ペースあげたのかと思ったけど、オイラが落ちたんじゃんw)

30.9 : 5'08 :188
(5'00に戻したい。30km通過は2時間29分くらい)

31.9 : 5'26 :184
(おしるこポイントかな?しかし摂らない。バナナだけ)

32.9 : 5'21 :183
(30km過ぎてもうペース維持できない。なんとか5'20で35kmまで粘りたい)

33.9 : 5'38 :181
(あっさり5'20を割って、5'40以内で粘ろうと下降修正。33.9kmの時点で2時間51分)

34.9 : 7'57 :161
(悲劇2、左太腿痙攣&両太腿がつる。停まって屈伸したり)

35.9 :10'01 :146
36.9 :10'32 :146
37.9 : 8'39 :154
38.9 : 8'04 :155
(は、走れん・・収まってきたかなと走るとまたつる)

39.9 :11'02 :142(悔しくて悔しくて泣きながらラン&ウォーク)
40.9 : 8'32 :143(ラストくらい頑張ろう。つって膝が曲がらないまま走る)
41.9 : 7'56 :154(収まった時に猛ダッシュしてみる。もちろんその後またつる)

42.9 : 8'07 :152
(歩くオイラを追い越しながら「もう少しだ。頑張ろう」とのおじいさんの言葉にまた涙。頑張って足を引き摺りながら前進する)

43.2 : 2'02   (ぴょこぴょことした走りでトラックで頑張って抜く。で、またビーンと足がつり、引き摺りながらゴール)

距離表示、誤差あり(フルで43km走った事になってるから結構誤差出てる)
4時間14分04秒(手元の時計)

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

第27回つくばマラソンの結果速報 -悲劇-
第27回つくばマラソンの結果速報

グロス 4時間16分48秒
ネット 4時間13分22秒

この大失速はなぜなのか?
血と汗と涙の壮絶な道中を赤裸々につづっていきましょう。
もちろん、笑いもあります。ん?笑えないかも?
待て!次回!w
"To be continued..."

もう足はボロボロです。
兎に角、疲れました。
今は休息を取りたいので記事は後日ということで。
結構、ドラマがありましたよ。

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

つくば前日、心穏やかに
いよいよ明日はオイラにとって初のフルマラソンチャレンジとなるつくばマラソンの日。
6月のハーフの大会、この時、練習で頑張り過ぎたか、足の所々に痛む個所が出て直前2週間はろくに走れず本番に望んだ。
その状態で大会を走り、しこたま足にダメージを残す。
6,7月はほとんど走らずに8月からjog再開
9,10月はすこぶる順調に練習に取り組めた。しかし11月に入り、6月のハーフの時と同様に足が痛くなる。
家族や極親しい友人に年賀状で宣言したんだよね。フルマラソン走るって。「できれば4時間以内で・・」って小さく書いたw
この1年はほんとに頭の中がその事だけ。
30kmペース走を終えて、「これがピーク、ここから練習量を落としていって調子をいい状態を維持しよう」と思ってた矢先に出た膝痛。
またもや直前2週間強、まともに走れずに本番に挑むことに・・。
また、同じ失敗を繰り返すのか。学習能力が無ぇなぁ俺・・と愕然とするw
入れ込んできただけに、イライラが募り情緒不安定な感じ。
目元がピクピク痙攣、チック症状が出てる。ストレスからだろ~これ。

土日月と連休を取らせてもらった。
昨日の夜、仕事が終わって帰る時、更衣室から出てきたオイラに店長(オイラより一つ年下の女店長)が駆け寄って来て「頑張ってね」とコーヒー牛乳を手渡してくれた。
「”絶対完走!○○(オイラの名前ね)”って書いたハチマキを巻いて走ってくださいね。それでTVに映ってきて下さい。TVカメラ見たらアピールするんですよ!絶対ですよ!」なんてとぼけた事も言うw
放送なんかねぇよw自分の名前の入ったハチマキなんか巻いて走るか!wと。
こんな他愛も無いアホなやり取りw
でもね、これ、すっごい嬉しかった。めっちゃ嬉しかった。
女性に「頑張って」と激励の言葉と共に飲み物おごってもらったとあれば、もう、おっさんデレデレですよw
なんかね、コレで肩の力が抜けたと言うか、憑いてた物が落ちた感じ。
正直、足の状態は良くない。2日前試しに走った時、その時はそうでもなかったけど、1日経ってやっぱり膝に違和感。
でも、なんか気分的にさっぱりしてる。心が穏やか。今更、いろいろ考え込んだりしてもどうにもならないしね。

あと、仕事少し先に上がった仲間から「牛丼屋で待ってる」ってメール入ってた。
メール入ってる事に気付かず、オイラそのまま帰っちゃったんだけど(^^;)
カーボローディングも兼ねてその日4食目となる海苔弁をコンビニで買って帰って、さあ、食べようという時にそのメールに気づいたw
即、謝りのメール出したけど。牛丼食べながら、激励してもらってたら、これまた力になったのに。あ~、残念。

一夜空けて今日の朝、千葉駅伝を見る。
野口が2人に抜かれたのとその分絹川が2人抜いたのは出勤前に見たんだけど。職場で結果見たら日本逆転でケニアを差し置き優勝ってなってたから、歓喜。
どこで抜いたのかなと気になってた。中継前ギリギリで絹川が抜いたのか、それとも竹澤?赤羽?
最初の上野、福士もしっかり走ってるね。野口がブレーキかけちゃうけど、その後の絹川は見せ場作ってもらった感じ?w
絹川が2人パスした後は観てないから、ここから。ケニアは抜けないまま竹澤に。
いけー!竹澤!竹澤が抜くとかっこいいな、しかし、追いつけず。赤羽がたすきをもらってヌデレバをパス!
絹川、竹澤、赤羽が区間賞。絹川の活躍が目立ったね。
駅伝見て、気合アップ。

そしてランナーズを立ち読みに本屋へ。
今月号は買えば良かったかな。過去のオリンピックでのマラソンの特集とか気になったし。

夕方、いつも走ってる公園に散歩に行って見た。
1kmコースも歩いてみた。ここ、いつも走ってて歩いたのは初めて。結構なスピードですぐ脇を追い抜かれて行くのはちょっと恐かったり。
ウォーキングしてるとこんな感覚なんだぁ。
で、いつもは行かない奥にあるベンチの方まで歩いてみる。
ここ、このベンチが実はオイラのスタート地点。

このベンチで「新訳シャーロックホームズの冒険」を読んでたのだ。
「読書の秋だ」ってw
そしてジョギングコースで走ってる人に目が止まり、「なぜそんなに汗して走る?」と疑問を持つ。
例えばフルマラソンを走りきった時の達成感とはそれほどに人を魅了するものなのかと。
「じゃあ、その心境を身をもって確かめてやる!」←アホですなw
かくして本当に唐突に、ランナーとして産声をあげたのでした。
かつて体育の時間が大っ嫌いな少年だったのに。いまやフルマラソンにチャレンジするおっさんw
秋といえば「スポーツの秋」と応えるようにすっかり変貌してしまった。

明日、その答えを見つけに行く。でも、フル走ったからってどうって事ないんだろうなぁw
走るようになってフルマラソンなんか通過点って思えるような過酷なレースがごろごろある事に改めて気付き、それに挑戦する変態(敬意を持ってそう呼ばせてもらいますw)の多さに驚きw
そして、オイラもいつか・・と。

「なぜそんなに汗して走る?」って聞かれたら、よくわからないって答える。
そんなのうまく説明できないし。
多分、フルを走ったあとに同じ事聞かれても、わからないって答えると思う。
答えなんか見つからないような気がする。
「そこに山があるからさ」・・ってのと同じなんだろうね。

今日はアロマ焚いてバッハでも聴いてw心穏やかにして眠りにつこうと思います。
緊張しいだから眠れないかな?
寝坊しましたぁ!なんて記事をレースの始まる時間にアップしてる姿が思い浮かんで恐いんですけどw

ここ数年、自堕落に生きてきたオイラのちょっとした挑戦。この足でどこまでやれるか。
ワクワクしてアドレナリン出てきたw

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

つくばはコレで行こう
天気はどうなのかな?良さそうだけど、ちょっと寒そう。

シューズは無論、SAUCONY Grid Type A(SAM2701)

ウェアはこれで行こうかなと。
赤ですよ。シューズに合わせてド派手な赤のハーフジップのTシャツ

Tシャツ:XT319W
ハーフタイツ:XTB404
アームウォーマー:XTG117
レーシンググローブ:XTG120
すべてアシックスw割引率が高いからw
なるべく安く買おうとすると自然とこうなった。

あとは
ランニングウォッチ:Polar RS200sd
サングラス:SPALDING SPG-612N
ソックス:X-SOCKS SKY RUN

シューズ、シャツ、ウォッチが赤。結構目立つかな?

気温上がれば、ノースリーブのこっちにしようかと思ってたけど。

寒くなりそうだから出番なさそう。

思ったより寒ければ、ロングタイツにするかも。

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

足の状態はどうかな
足の状態を認識するためにも走ってみる事にした。

4'45くらいで行こうと思うも4'57
心拍も高め。4'35~4'40くらいで走ってる時と同程度になっちゃってる。
間、空けすぎちゃってるから仕方ないけど。

膝の方はキネシオテープ張って走ったおかげか、今日はさほど気にならなかったかな。
まったく何ともないって訳ではないけど。かわりに、ももの外側に違和感。

残念ながら全快って所までは回復してないけど、まあ、まったく走れないって事はないようなので少しほっとした。
でも、状態は積極的にタイム狙っていこうと思えるほどでは無いなぁ。

まあ、いいや。楽しもう。
あんまり気負わずに楽しもう。

●11/22の走行距離6.2キロ
(公園まで往復、1.6km×2)+(1kmコース3周)
タイム:33分12秒(1キロ平均5'21)

ラップタイム
9'05
4'57
4'57
4'52
9'20

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

ウォーキングしてみる
ウォーキングに出かけてみた。
6.3kmの公道。
キロ6分程度のLSDやるときに、1周36分くらいなコース。
歩いて1時間かかった。手袋忘れて、手が寒かった~。

ウォーキングするぞって出かけたのは初めてだ。
腕しっかり大きく振る意識していないと、なんか普通に歩いちゃうね。
しっかり運動としての歩きはなかなか難しいと思ってみたりw

競歩の真似事みたいな感じで、歩きの最高速にチャレンジしてみる。
うおー、って気合で高速ピッチの歩き。出たキロ6分21秒。
ふ~、これ、ももがかなりシンドイぞ。心拍158まで上がった。
体もあったまって汗ばむ。
でも、維持出来んよ、これ。やっぱ競歩のトップクラスの選手は恐ろしい化け物だw

その後は、普通に歩いたり、寒くなったらまたエセ競歩で体を暖めるw
それを繰り返し、インターバルウォーキングな様相w

膝の方は、最初は右膝にまだ違和感を感じてた。
でも後半はそんなに気になるほどでもなかったな。
膝にかかる衝撃は走るよりもよっぽど少ないだろうし、それでいて競歩の真似事のような高速ピッチで歩くと、えらく筋肉を使ってる感触があるし心拍数もある程度上げられる。
足の調子が悪い時にはいいな、ウォーキング。
しっかりやればいいトレーニングになるじゃん。ウォーキング舐めてたw
もっと、早く活用するんだったなぁ。

●11/20の走行距離6.3キロ
公道6.3kmコース
タイム:1時間3分03秒(1キロ平均10'00)


↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

苛立ちと焦りと、少しの闘志
もうつくばまで1週間を切った。
なのに、膝痛が出て、軽い故障状態。
日常生活でも膝に違和感がある。なんかピシッって腿やら脹脛に痛みが出る時あるし。
こんな状態で走ったら、「あ~、走ると痛くなる~、やっぱ駄目だぁ」ってなるのである。
例えゆっくりのペースであっても走っちゃうと、だいぶ良くなってきたのに痛かった状態まで巻き戻ってしまう。
ハーフの大会前の時に経験済みw
だから思い切って、もう走らない事にしてる。直前にjogやるかもしれんけど。
流石になんにもやんないと不安だから、プール行って泳いで、ウォーキングでもやって、繋ごうかと。

今日は(ってかもう昨日か)
東京国際女子では前評判に違わず野口が勝つ。
世田谷246ハーフマラソンでparaさんがベスト更新。
戸田マラソンでhiddieさんが10km自己ベスト更新&40分切り。
上尾シティマラソンで職場のサブスリーランナーがハーフ1時間20分(ベストの1時間18分は更新できなかったようですけど)

今日は周りでみんな頑張ったなぁ。
だから余計、焦る。と同時に闘志は、燃えたぎる。
がっつり目一杯走りたくてたまらない。
しかし、つくばで・・特に30km以降、ここから爆発させる為にも、今は闘志を圧縮。
気持ちばかりで足がついてこないような気もするけどw

どういう展開になるのか予想もつかん。
本番だけに実力以上の力が出て3時間20~30分くらい?
ハーフや30kmのタイムからして3時間30~40分くらい?
それとも、走ってるうちに膝の状態が悪化して、泣きべそかきながら4~5時間?最悪、DNF?
すべてがありうる・・かな?

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

調子落ちた・・
つくばまでもう2週間を切ったというのに、調子が落ちてきてしまった。
膝は痛いわ、腿、脹脛は張ってるわ、足全体が、もう走るのを嫌がってる。
ついこの間まで、ハーフのトライアルや30km走やった時はめちゃめちゃ調子良かったのに。

今日も、休みなのに強度の高い練習は諦めて、いつもの軽いjogにしたのに。
帰りはキロ6分オーバーだ。スピード練習した後とか、真夏の炎天下時などの、バテて帰る時と同水準。
なんだ、このダラダラ加減は。

本番までに全快してくれるかなぁ。

●11/13の走行距離6キロ
(公園まで往復、2km×2)+(1kmコース2周)
タイム:34分04秒(1キロ平均5'40)

ラップタイム
10'55
5'21
5'32
12'15

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

つくばマラソンの案内が届く
通常なら今日はしっかりとポイント練習する日なんだけど・・
右膝の調子が良くなくて、ハムストを主に足全体が重い。

どうするかどうか迷いながらとりあえず走り始めたけど、上がる感じはしなくて。
せっかく休みで時間あるけど、軽い練習に変更。

1週間の内、仕事が休みの日の2日(今は火金)に強度の高い練習を置き、他の日にjogを2~3日ってのが習慣になっている。

カレンダーを見返してみると、金曜の練習は
10/05にトレイルRUN・・・○
10/12がビルドアップかペース走をやろうとしてるが足取り重く途中で離脱してる・・・×
10/19にハーフのトライアルやって自己ベスト更新・・・○
10/26が休足・・・×
11/02が30kmペース走。LSDではない初の30kmペース走を走り切る。・・・○
となってる。ちゃんとやれた週が隔週なのだ。

火曜の方も
10/02がうまくいった15kmのビルドアップ・・・○
10/09が15kmビルドアップに挑戦するも11km以降ペースダウン・・・×
10/16がうまくいった15kmのビルドアップ・・・○
10/23が15kmビルドアップのつもりが10kmで途中離脱(この日は入りのペースが早めだったってのもあるけど)・・・×
10/30が30kmペース走に挑戦するが入りのペースが早くて失敗。16kmで離脱・・・×
10/30のイレギュラーな失敗はあれど、日記を読み返すに、火曜も隔週で「シンドイ」「疲れてる」と書きイメージ通りの走りが出来なかった旨をつづっている。

フルマラソン前だからと毎週、20kmのトライアルか30kmペース走にチャレンジしてやる・・なんて気張ってたけど、現実には無理だったんだ。
毎週2~30kmにガチで挑むには、まだまだ走力不足。
レースを転戦する変わりに、練習で大会に出る時と同じくらい追い込もうと考えてた。
でも、やっぱり体がついて来てなかった。今回それが認識できたから、今後の練習メニューを立てる際に役立つ。
本番さながらの練習は隔週に置く事にしよう。

そして、つくばマラソンの案内が届いた。
いよいよだなという気がする。テンションも上がり気合が入る。
AIDでは水だけでなく、アミノバリューとバナナがある。
BCAAを摂取しながら走れるならかなりプラスだ。
31kmでおしるこがw食うか?食う?w
タイムロスが出ちゃうなぁ。しかも、この地点で足停めて集中途切れたら、同じペースに引き戻せない気がする。
36km地点でキャンディだって。
フル初めてだから、不安だしエナジーアップタブみたいな速攻吸収系のブドウ糖とか飴とかを手袋やアームウォーマーに忍ばせて走ろうかと思ってたけど、こりゃ、完全手ぶらでも良さそうだなぁ。

●11/9の走行距離7.2キロ
(公園まで往復、1.6km×2)+(1kmコース4周)
タイム:39分16秒(1キロ平均5'27)

ラップタイム
9'24
4'55
4'59
4'58
5'07
9'51

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

ニューシューズ欲しい
今日のjogはいつもより1km少ない。
昨日の10kmペース走で思ったより疲れてる。
やっぱ、ある程度ペース出すと距離短めでも結構ダメージでるね。
よって、今日は軽めに。

アシックスのニューモデルが出てきますね。
特筆すべきはGTのスリムモデルが出たこと。
GT-2130 NEW YORK-slim
いやぁ、このカラーリングがまためちゃくちゃカッコいい!
赤!
ノーマルモデルの、ホワイト×ブリリアントブルーとかはあんまりぱっとしないのに。
スリムの赤は、かっこいい。これはオイラに買えと言ってるのかw

そろそろレーシングシューズも欲しいなと思ってるのだけれど。
10kmやハーフまでのレース用に。
GEL-DS RACERがスリムラストで、試し履きした時にかなりフィットする感じだったのだ。
しかし、色がライムパンチなんていう黄色!
今シーズンで赤系がニューカラーとして登場しないか密かに待ってたのに・・。
赤が出たら即買いするつもりだったのに。願いは成就せず・・。

メーカーは別にどこでもいい。優先する機能は「グリップ、反発、軽量」
とにかく細身でオイラの足にフィットするレーシングシューズ。
今の相棒が赤なので、ウェアとかも揃えて赤系を買ってるので・・。
出来れば赤系がいいなぁと。

フル終わったら、新しいシューズ買うつもり。
今は、レース・スピードトレーナークラスの兼用シューズだから・・。
レーシングシューズとトレーニングシューズ、ほかにトレイル用シューズも欲しいのだ。
一度に全部は買えんぞ。何から買うかなぁ。


●11/7の走行距離5.2キロ
(公園まで往復、1.6km×2)+(1kmコース2周)
タイム:31分03秒(1キロ平均5'58)

ラップタイム
9'43
5'42
5'39
9'57

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

ROAD TO NYC 5期生の走り
「一人ハーフ・タイムトライアル」の記事でも書きましたが、オイラはアシックスの企画「ROAD TO NYC」のメンバーの記録を意識してる。
4期生の時は泉重盛さんが、走歴1年ほどにして2006NYCマラソンで初フル。
オイラはこの頃、走り始めたばかり。約1年でフルに挑もうと考えていたのでこの方のタイムを参考にと思ってたら・・
泉さん、いきなり3時間13分で初フル完走。これは、無理ばい(^^;)

そして時は流れ、オイラはついにフルにエントリーし練習に励む最中。
一方、ROAD TO NYCの方も、2007NYCマラソンに5期生が挑む。
そのうち二人のハーフのタイムが
小田島照美さん 1時間34分19秒
桜本さくらさん 1時間38分29秒

オイラの(この前の練習での)タイムは1時間38分19秒なので走力的には近いのかなと意識する。
特に3時間30分以内を目標にNYCに挑んだ小田島さん。この方も初フルなのでこの方のタイムを目標にするかぁと。
4期生の泉さんのタイムにチャレンジできるレベルに無いので。
そしたら小田島さん3時間15分23秒で初フル完走!
ふぬぅ~!泉さんとあんまり変わらないじゃん!なんと!!

このタイム出すにはフルをイーブンで走りぬいたとしてもキロ4'40弱のペースですよ。
フルを完全イーブンなんて無理だ。
後半の落ち込みを考えるとキロ4'20~30ペースで30kmあたりまで引っ張らねば。

そんなの無理だろう~。
肌で感じてみるか。
今日は5分半からラスト4分ちょっとくらいまで上げていく15kmのビルドアップ走をやるつもりだったけど。
4'25~30のペース走に変更。

5km目にして心拍180・・いかん、こりゃ、死ぬw
即、10kmまでにしておこうと決める。
微妙~にペースが落ちていく中、8kmを過ぎた頃、2列縦隊で走るシリアスランナー風の6~7人の集団に抜かれる。
少しついて走ると時計はキロ4'00を表示。キロ4'00でのペース走ですね。
じゃあ、と残り2キロ弱は、引っ張ってもらおうと追従。
なのにほんの数百m走った所で、「はい、スパート」ってw
前方の数人がラストスパート、後方の2人は、コーチなのかリーダーらしき人から「このままペース維持で」と指示を受けてた。
オイラもペース維持のキロ4'00組について走ってたけど、その人たちすぐにゴールであがり。
結局、ついて走ったのは、5~600mだけ。なんだぁ、残り2キロ弱をキロ4'00で引っ張ってもらおうというコバンザメ作戦失敗。
どうやら、キロ4'00でのペース走5キロだったらしい。
この集団の前にさらに別の集団があったので、さらに早い人達のAチーム、Bチームなんて別れてやってたのかな。
高心拍の中で一人でキロ4'00ペースを維持する気力はなかったので、もとのペースに戻り、10km走終了。

10km 44分13秒(1キロ平均4'25)

やっぱりこのペースはフル持久ペースには到底なりえない事を確認w
10km自己ベストは42'54(1キロ平均4'17)なので今日はスピード練習寄りだなぁ。


●11/6の走行距離13.2キロ
(公園まで往復、1.6km×2)+(1kmコース10周)
タイム:1時間2分49秒(1キロ平均4'45)

ラップタイム:心拍数
8'51 :138

4'27 :164
4'24 :175
4'24 :179
4'24 :179
4'25 :180
4'26 :182
4'27 :183
4'30 :180
4'18 :183
4'24 :181

9'45 :146

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

全日本大学駅伝
今週の走り始めも6kmjogから。
前回の30kmペース走のダメージが残ってないかを確認するような感じでのjog

あ~、心地よい。今日はなんだか気持ちいい。
5'30~40くらいのjogが一番しっくりくる。

コース2周目のラスト200mくらい、流しを入れてみる。
ちょっと左膝に軽い痛みが出るかな。帰って両膝をアイシングしておこう。
でも、思ったほど30km走のダメージは大きくない。
jogオンリーだった8月から、LSDやって、ビルドアップ、ペース走、タイムトライアルと徐々に強度を上げていったのが良かったんだな。
金曜、調子が良ければもう1本30km走やってみよう。


全日本大学駅伝
オイラが贔屓の東海大は4位でした。出雲に続き2冠となって箱根を迎える展開になったら熱かったのになぁ。
今回は誰がいい走りをするのか、特にエースの揃う2区が見所。
1区で大砲ダニエルが作った1分のリードを逃げる日大・阿久津。
7位から猛追をかける早大・竹澤、5位からの順大・松岡、3位からの駒大・宇賀地。
後方からのこの3人が日大・阿久津を抜き去り、激しいデットヒート。いやぁ、熱い!!早大・竹澤がスパートで勝利し区間新。
東海大・佐藤は気合の走りを見せて12位から5位に順位を上げるも、トップ争いには絡めず区間順位は3位。
そして4区、スピードキング中大・上野、9位スタートから2位だっけ?オイラが応援する選手にとってライバルで敵なのだけれども相変わらずコイツは強い!w
2区を走ってもらって直接対決見たかった。
8区は東海大・伊達、日体大・北村、山梨学院大モグスに注目。
東海大・伊達の活躍に期待するも、後半粘りきれずに猛追届かず。
モグスは一気にシード権圏内まで区間新で飛び込んできた。
箱根はどうなるかねぇ。

東京国際女子マラソンももうすぐ。
野口と渋井の対決を楽しみにしてよう。


●11/5の走行距離6キロ
(公園まで往復、2km×2)+(1kmコース2周)
タイム:34分05秒(1キロ平均5'40)

ラップタイム
11'34
5'36
5'13
11'42

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

30km走
今日は30kmペース走に挑む。
この前、10/30(火)にもやろうとしてオーバーペース気味で入り失敗したのでリベンジ。

前回は最初の1キロが4'34で心拍171。あとはずるずると落ちる一方。で途中離脱。
同じ失敗をせぬよう今回は若干ゆっくり目に入る。
最初の1キロが4'48で心拍154、いい感じ。
少し上げて4'40~4'45あたりで安定させたかったけど、4'50ちょっとに落ち着いた。
結果的に平均4'52のほぼイーブンペースで30kmこなす事が出来た。
ラストはちょっと落ちてるけど。

30km 2時間26分11秒(1キロ平均4'52)

なんとか30km走り切って、太腿裏とふくらはぎがパンパン。トボトボと水飲み場まで歩き、給水した後、ベンチに倒れ込むように横になる。
しばし、ぐったり。帰ろうと起き上がると、競歩のトレーニングしてるあんちゃんと目が合う。
オイラも2時間半居た訳だけど、このあんちゃんもその間ずっとぐるぐるやってる。
しかもそーとーなペース。オイラのjogペースより早いのではなかろうか。
歩いてるのに走ってる人を抜かすってw恐ろしい競歩のあんちゃん。
さすがに今日はオイラのペースの方が速かったけど。
枯葉を掃除してるおっちゃんが声をかけた「大丈夫かね?」
「大丈夫ですよ(^ー^)」と笑顔で応える競歩のあんちゃん。しかも結構なイケメンなのだ。
その笑顔にオイラ、くらくらw(別にそっちの趣味ではないけどねw)
「何時間もずっとああやってるんだよ」「すごいなぁ」と掃除のおっちゃん達の会話。
そして、競歩のあんちゃん、引き上げようとするオイラに向かってニヤリ。
「俺は、まだまだやれるぜ。お前はもう上がりかい?」と挑戦的なもののようにも見える。
それとも「あんたも長時間走ったな。お疲れさん」という意味だったのだろうか。
手を振って「お疲れ様~、こっちはもう上がり。頑張ってね」と声を掛け様かとも思ったけど・・。
ほら、オイラ、シャイだからw
なんのアクションもせずにトボトボ帰路についた。
サングラスかけて競歩トレーニングしてる人を何度か見かけてるんだけど、多分、このあんちゃんだと思う。
少し話してみたいけど、声掛けると邪魔になるだろうねぇ。しかも、こんなおっさんに声掛けられても尚更迷惑だねw
「何だ、こいつ。変な奴~。ウザイ!」って。


帰って、LAPの記録をみつつ振り替えると
良かった、なんとかやれた・・と思う反面、問題点も見えてくる。
ハーフを越えるような距離ではjogペースやLSDペースでしか走ったことが無く、今回が初めての30kmペース走。
なんとか走れた事により、いいデータが取れた。

まず16km目で心拍数が166をマークしてる。15km以前までは163まで。
前半部は、なるべく足を使わずに腰の振りでjog感覚に近いペースで走れてた。
しばらくして、足を前に振り出す、地面を蹴る・・ってのを意識して、いわゆる「足を使う」状態でなければペース維持できないような感じだった。
多分、心拍が上昇傾向に入るこの地点あたりだと思う。
16km~20kmくらいは徐々に足の筋肉に力を込めて走るようになってるから心拍が反応してるんだと思う。
足を使い始めるのが16km目ってのはちょっと早いんじゃないかな?

そして21km目から心拍170を越えてくる。
普段、走るのはこのあたりまでだからここから先、グッと疲労感が出てくる。
このくらいのペースではこっから先は未知。さあ、どこまで維持できるかな。
ちょっとしたワクワク感を感じてた。このあたりからは腕振りも意識するようになったかな。
その影響が心拍に出たのか、それとも単純に疲労からなのか。

そして26km目の4'58
ここ。ここで明らかに落ちた。ペース維持できたのは25kmまでだった。
こっから先は肩とか肩甲骨をユッサユッサと使ってなんとか前に出る感覚になってる。
腰振り、足の蹴り、腕振り、肩バランス、すべて使って全身でなんとか推進力を生み出してる感じ。
1km毎にゴール前でなんとかラストペースを上げて4'50あたりになるように帳尻あわせのような走りをしてた。
区切りで「ふぅ~」と安堵しペースが落ちて、またラスト頑張る・・って繰り返し。
だからラスト5キロはLAPタイムがばらついてる。

ラストLAPは4'54
でもこれ、あと1周だからとペースアップを意識してラストは気力でダッシュ気味(無論、ダッシュというほど走れてないけど)で頑張って捻り込んだ感じ。
それでも、4'54だからねぇ。粘らずに流れのまま走ってたら5'20くらいになってると思う。


30kmまでは維持したかったのになぁ。しかし、現時点ではコレが精一杯だなぁ。
欲を言えば32kmまで維持できてたら、残り10kmの落ち込みをあらかじめ織り込んで気持ちに余裕を持って走れるはず・・なんて思う。
30kmの壁なんていうのは、30km~35kmあたりだよね。
オイラのような非力なタイプでは他の人よりは早く壁が現れるんじゃないかなと言う思いもあったのだけど・・、まさか26km目だとは。
っていうかこの26kmのペースダウンは壁でもなんでもなくて、30km過ぎてもっととんでもない壁が現れるとしたら・・。
そうなると、もはや、立ち向かう気力が無いよ、多分w
心があっさり折れるよ、まぢでw
完走できずに歩きが入るかも。

ここから先、どれほどLAPタイムが落ちるのか。まさに未知。
今日の公園からの帰りも、jogもままならず8割9割歩きだよ。
頑張って走ってみようって思っても、ちょっと走ると、ウォッチに表示されるペースキロ7'20とかになってたw
そんなトボトボかよw
本番での最遅LAPは何分なんだろう?何分まで落ちるんだろう?想像もつかん。
6分オーバーから7分台とかまで落ち込むと轟沈だね。
本番はどのくらいのペースで組み立てればいいんだろう。レースとなればもうちょっと力が引き出せるだろうか。
実戦では人の混雑もあるし、スタートロスや、オイラの下手糞なスムーズでない給水でのロスもあるだろうし、もろもろタイムロスが加わるしねぇ。
一人で完全フラットな1kmジョギングコースをグルグル走ってるのとは条件が違いすぎるし。

●11/2の走行距離33.2キロ
(公園まで往復、1.6km×2)+(1kmコース30周)
タイム:2時間54分43秒(1キロ平均5'15)

ラップタイム:心拍数

9'04 :141

01: 4'48 :154
02: 4'49 :158
03: 4'46 :161
04: 4'49 :161
05: 4'51 :161
06: 4'50 :162
07: 4'54 :160
08: 4'52 :160
09: 4'49 :161
10: 4'52 :160
11: 4'52 :162
12: 4'54 :161
13: 4'52 :160
14: 4'51 :163
15: 4'52 :163
16: 4'50 :166
17: 4'52 :167
18: 4'53 :167
19: 4'50 :165
20: 4'54 :168
21: 4'49 :171
22: 4'51 :171
23: 4'52 :172
24: 4'53 :173
25: 4'54 :174
26: 4'58 :173
27: 4'51 :176
28: 4'54 :176
29: 5'04 :174
30: 4'54 :174

19'28 :127(ほとんど歩き)

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。