足の向くまま気の向くまま
思いつくまま気の向くまま!な感じの日記!!運動が嫌いだったのにジョギングを始め汗をかき息を弾ませる事の気持ち良さを知るwで今度はロードバイクに興味を持ちボチボチと走っております。
FC2カウンター

プロフィール

ひで

ひで
関東在住・30代・男性
2006年9月よりジョギングを始めました。
フルマラソンを3度、10km、ハーフなど幾つかの市民大会に参加。
2008ツールドフランスのダイジェストをNHKで見て「オイラもロードバイクに乗る!」と2009.1月にオークションで古い中古のロード買って乗り始めました~(笑)
耐久、ヒルクライム、サーキットでのホビーレースなんかにも参加して行きたいです。

カレンダー(月別)

05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋸山林道(檜原側)・大ダワ
記事連投w

今回はどこに行こうかなぁ~と迷った所で、他力本願。
「あそこに行ってこい」と課題を下さいwとお願いした所・・・

鋸山林道に行ってみて下さい」
「そこの頂上(994m)・大ダワ
と有難くも課題を頂きました!w

平均斜度は9%、距離にして6kmちょいかな?

平均斜度は8%ちょい、距離6kmちょいの白石峠でヒーヒー言ってるので
「平均斜度9%、距離6kmちょい」にオイラの貧脚で挑めば木っ端微塵でしょうw

もう「気ままに足つき休み景色を眺め」って感じで頑張らない姿勢で行きますから!w(既に敗北宣言w)
と高らかに宣言しw、大ダワに行って来ました。





前回の「奥多摩湖~風張峠~都民の森」の復路部分を今回往路として、五日市を経て檜原へ向かう。
秋川渓谷の中山の滝にまともや見とれてよそ見してたら、ペダルが歩道の段差に「ガッ!!」とぶつかりバランス崩す。
こけずに済んだけど、冷やっとしたぁ~(><)後続の車来てたし、こけたら危なかったなぁ。

役場を過ぎ分岐。前通った方と逆の205号へ入る。
北秋川沿いに進み、今度は神戸岩方面に分岐。
まっすぐ行くと、きのこセンターとか風張林道方面ですね。あっちはまだ斜度がキツい。こわいこわいw

キャンプ場、ロッヂなどを脇目に進み、神戸岩に到着・・
大きな岩、川の流れもある。で、はしごが見える。はしごを上ると奥はどんな風になってるんだろ?


チャリ置いて、降りてみた。プラのソールにクリート付のシューズで歩くのは滑りそうで怖い。

水が流れ落ちております。こういうの好き。周りの空気がひんやりしてて気持ちいい。


梯子の下から、岩を見上げてみる。なんか雰囲気ありますね。


で梯子を上ってみようと1段目に足をかけましたが・・・。
滑りそうでヤバイわ。
ズルと滑り梯子の横棒に跨るように落下、そしてキン○マをキーンと打ち付けるコントのようなパターンになりそうな予感で辞めときました。
ネタ的にはそれも面白いけど、その激痛や、この後、大ダワまで登れなくなるのは嫌なので・・w

先に進みます。この神戸岩のすぐ脇にトンネルがあります。短いものなんだけど、真っ暗。
目がなれればちっとは見えるんだろうけど、明るい所から急に暗闇なんで、すぐには目が適応せずほんと真っ暗。
地面もガタガタとしててやな感じ~。ライトもあんまり効いてないし・・・。電池少なくなってたのかな。

でトンネル抜けて先に進むと、関係車両以外進入禁止の看板がありロープ張ってある。
でも脇には、「自転車は歩行者の邪魔にならないように・・」との表記もあり、自転車進入禁止って訳では無い様。
脇から通り抜け、いよいよ今回のメインディッシュ。登りに入ります。

序盤、川に沿って登っていく。水の流れる音聞きながら進む。でも、この辺、平均10%・・(^^;)
でも、休める斜度のゆるい区間が適度にあったのでいい感じで登れてたけど・・・(まあ、貧脚なんで遅いっすけどねw)
途中、蛇が這っててびびったw
橋がいくつかあったけど、2kmちょっと進んだところで最後の橋を渡り、今度は九十九折カーブの区間。
斜度がきつい所があって死にそうだったw
もうカーブ毎に足ついて休み、息を整える感じ・・・全然駄目駄目ですな(><)
落石注意の看板が多くあるけど、尖った小岩がころころとそこかしこに転がってて、走りにくかったりもした。

もうちょいだろうと何度もiphoneで現在地確認w
やっとついたー。大ダワ・・・


「大ダワ 994m 日本山岳耐久レース 49.7km地点」の標識がある。
ここにはハセツネのスタッフ・テントが設置されるんですね。リタイヤ組もここで出るんでしょうか。

ピークだけど展望は木々に囲まれて無く・・・。
少し休んで、来た道を降りる。逆側に降りようかとも思ったけど、向こうも道が結構荒れてるらしいので、戻った方が無難かなって。
斜度も向こうの方が少しきついはずだし。

下りながら、少し写真を。途中、開けた所・・・

大体、木々に覆われて見通せない。

で、川沿い区間でもパチリ・・・
こんなんとか

こんなのも

いやぁ、いいっすなぁこのせせらぎの音。

分岐の所まで戻って、きのこセンターあたりの坂を見に行こうかなって思ったけど、もう疲れてたので帰るw

でも距離もそんなに走ってないし~って思ってると、この辺に、なんか滝あるらしいから見れないかなって。
天狗滝が脇道に入って1kmほどの所にあるらしい。しかし、脇道の取っ掛かりの時点で、かなりの斜度の坂。
この先もずっとこんな感じなのかなぁ。ま、1km位ならって軽い気持ちで寄り道。
登り始めグイグイ進んで行ったけど、ヘタって来た所でまだ0.5kmとか・・(><)
斜度キツイ所で、グイって踏むと前輪が少し持ち上がりウィリー気味に。(バランス悪いんかな)
コワッ!って思わず足つき。そこからは、きつい所じゃ、休むwヘタレっぷりまたも披露w
さっきの鋸山林道よりも斜度キツイわ!ここが今日一やで。
帰ってルートラボで見ると、距離870m、平均斜度斜度16.2%!!
距離短いけど、この斜度はオイラの貧脚では・・・(><)

しかし舗装路は途中で終わり。残り少しが未舗装の登山道的な道。
で、またチャリ置いて覗いてみると、いきなり小川を飛び石をつたって向こうに渡る感じ。
この靴じゃ、滑りそう。ズルっ!って滑ってボチャっと川に足を突っ込み、石で尾骨をガーン!!
ギャッと悲鳴をあげつつ、川に落ち水浸し・・・と言う展開が脳内で再生されたのでここまで来ときながら滝見るの諦めて引き返す。(向こうに歩いて10分って書いてあるのが見えるし、この靴であの道を10分は無理~)

斜度きつい所は降りるのも怖い。ブラケット持って降りてたら、ギューって握ってる手が疲れてきたから、レバーの下の方をしっかり握ろう・・・
ってブラケットから下ハンへ握り直そうとした所、某選手(メンショフ、フランク・シュレック)たちが乗り移ったw
落車の多い彼らですw
ふらってハンドルが寄れて思いっきりコケたw
坂だからヘッドスライディング気味になりそうな感じだけど、足が進行方向いて仰向けに、やや左側面が下。
少しすべる感じでアスファルトに肘の皮膚が擦れる嫌な感じ。あちゃーやっちゃったなコレって。
左側頭部から後頭部にかけてもゴン!って打った
肘を見ると、思いっきり擦り剥けてますなぁ。
(後続は来てないの確認してたので)倒れたまま、一瞬、空を見上げ「ハァ」とため息w
すぐに立ち上がり周りを見回す。「恥ずかしいわ、見られてないかな」って。

で、ダメージ確認。
オイラ・・擦り剥き傷(左肘、右手中指、薬指の腹、左側の腰というかケツというかのサイド、左膝)
服・・・ジャージ、左肩の背面が擦れ、7分丈パンツの左膝に穴、右手グローブ、びりっと破れ。
チャリ・・左ブラケット、ブレーキレバー部に傷、バーテープの擦れ、破れ。サドルに擦れ。
ブラケットも内側向いてずれてる。
ポケットのiphone吹っ飛んでないか、壊れてないか確認。財布もちゃんとある。

改めて「はぁ~」とため息をつき、凹む(><)
残りの坂をチャリ押して降りる。そこで携帯工具取り出して、変な方を向いてるブラケットを元の位置に戻す。
肘真っ赤なの目立つなー・・・

早い所、傷口洗い流したいな~と思いつつ、帰る。

檜原街道に出る所にある豆腐屋さんの「ちとせ屋」、ここでソフトクリーム食べたと言う記事をブログで見たことがあるのでオイラも・・とw
豆乳ソフトクリームです。・・・

「どうぞ」って豆腐の試食も頂いたり。
ミルク濃厚な感じのソフトクリームでした。
で、店の向かいにトイレあったので傷口洗う(トイレってのが雑菌ありそうで嫌だったけど)

下界(?)に出て、コンビニでも傷を洗い直す。
あ~、ひりひりするー、痛ぇ~(><)

しかし、降りて来るとむっちゃ暑い!特に信号待ちで停まった時のジリジリとくる感じがなんとも不快。
落車後の軽い恐怖心と、暑さと何より、貧脚具合で、平地巡航が24km程度・・・(><)
ぜんぜんペース出なかった・・・。まあ、普段からも遅いですけど・・・。

そして帰り着いたら、なぜか下痢w
途中、おにぎりを一個食べただけで、あとはゼリーと飲料ばっかりだったからか。
出発時に700mlと500mlのボトル。途中で500mlが3本、300mlが1本。3L消費ですかい。
下痢糞が異様に臭かったのはコーヒー牛乳ばっかり飲んでたのが関係してますか?
いやいやいや汚い話ですみませんw

某・今日の運勢
「恋の女神が微笑む時。出会った瞬間お互いの胸にキューピッドの矢が突き刺さるかも!告白も大吉。」
「主役級の輝きに周囲から大注目。ドラマチックな展開が目の前に。熱いセリフでハートをキャッチ。」

嘘ばっかりやん。今日は散々やでw

2010/6/25

走行距離
119.9km

走行時間
6h12'21

平均速度
19.3km/h


スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

奥多摩湖~風張峠~都民の森
山と言えば奥武蔵方面に行く事が多いのですが今回は奥多摩の方に行ってみた。
奥多摩湖や風張峠、都民の森のある奥多摩周遊道路を走ってみようと。

今回のルート




「青梅マラソンってこの辺走るん?」とか思いながら青梅街道を通って青梅駅へ、マックで朝食。
登校時間とかぶって、駅周辺は学生が多くちと恥ずかしかった。

んで、奥多摩湖を目指す。
最終コンビニで梅おにぎりを一個だけ買ってポッケに。
この辺、トンネルが多いねー。ルートラボで見ておいたから、解っては居たんだけど。
だけど入り口入ったトコで直ぐに出口が見える様な短い距離のものばかりなんで良かった。

斜度はそんなに厳しくないけど、結構気温高く暑い。
えっちらおっちら登り、最後のトンネルを抜けるとダムが見えた。

これが小河内ダムかぁ。
そんで湖面が見える。おお、ついた奥多摩湖だ。
ちょっと行くと「水と緑のふれあい館」なるものがある。
食事する所ありそうだけど、得てしてこういう所は値段が高いというイメージw
貧乏性なので(いやいや、貧乏なので、館の前のベンチにてさっきのおにぎり頬張る。
(しかし、しっかり食っておくべきだったと後悔するのであるw)
ここで写真パチリ・・


湖面がグリーンに見える。きれいな色だなーと見とれてしばし休憩した後、湖岸沿いに橋を目指して走り出す。
ぐるりと回り込み橋を過ぎると周遊道路の料金所跡地。
さあ、ここからが今回のメインディッシュ、風張峠までの12kmの登り。
白石峠とか顔振峠、子の権現なんかの激坂に比べると斜度はさほどでもないんだけど、エネルギー枯渇気味でヘロヘロ…。
そこはヘタレ、もう何度もおりて休み休み登りましたよ。もっと食糧補充しておくんだった。

月夜見第一駐車場につき展望を楽しむ・・

いいな、ここからの景色は。もう少し雲が無く晴れてたら良かったんだけど。


さっき居た「水と緑のふれあい館」前や小河内ダムも遠くに見える。
あそこから来たんだ。結構なもので。

そして月夜見第二駐車場につく。
ここはハセツネの関門にもなってるのかな。ここ通るんだぁ。
特にめぼしいものは無いので、先に進む。

風張駐車場ってのが見えた。ほんとはここがピークなのにここからもうちょっと進んで風張峠の指標があるもんだと思い込みスルーw
先に進むと明らかに下ってるんだよね。ちょっと降りて登り直しがあるんかなと思ってると・・・
浅間尾根駐車場についた。が~ん!ここでやっと気付く「さっきの風張駐車場がピークなんやん!」(←アホ)

おかげで風張駐車場の道路脇に立っている「東京都で一番高い道路」という標識も思いっきり見落としw
標識の前でパチリやろうと思ってたのに~(><)

ちゅー訳で通り過ぎたんなら戻るか!とも思ったけど、疲れて「もういいや」ってw

んで、ひゅる~と(ビビリなので実は、そろ~っとw)下りを降りて「都民の森」へ到着。
ローディー数名居ましたねー。今回もソフトクリーム頂きます。プリン&カスタードってやつだったかな?・・

売店の椅子に座り込んでアイス堪能。

さてと・・と檜原街道で通って帰路につきましたとさ。
で、秋川渓谷の中山の滝は道路から見下ろせ、その風景にここでもパチリ・・・


奥多摩もいいですねー。

2010/6/11

走行距離
154.80 km

走行時間
7時間06分52秒

平均速度
21.8 km/h

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。