足の向くまま気の向くまま
思いつくまま気の向くまま!な感じの日記!!運動が嫌いだったのにジョギングを始め汗をかき息を弾ませる事の気持ち良さを知るwで今度はロードバイクに興味を持ちボチボチと走っております。
FC2カウンター

プロフィール

ひで

ひで
関東在住・30代・男性
2006年9月よりジョギングを始めました。
フルマラソンを3度、10km、ハーフなど幾つかの市民大会に参加。
2008ツールドフランスのダイジェストをNHKで見て「オイラもロードバイクに乗る!」と2009.1月にオークションで古い中古のロード買って乗り始めました~(笑)
耐久、ヒルクライム、サーキットでのホビーレースなんかにも参加して行きたいです。

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセツネでの死亡事故
中3日空けてしまった。
今日は15kmビルドアップやるつもりでいた。
この前のハーフの平均ペースが4'39だったから、そのペースから入って小幅のビルドアップにしようと思ってたけど・・
なんか今日は重かった。
前より10秒くらい遅いペースでも心拍は同じ位かちょっと高めだったから。
フォームも良くなかったし、せっかくこの前調子良かった分、いいイメージを維持したいから、今日は10kmで切り上げ。
乱れた変な癖つけたくないから。


先日行われたハセツネで死亡事故が起きましたね。
残念な事です。

自身、山を走ってみて(まだ、2度ほど低山里山に行っただけですけど)危険は常に付き纏うと肌で認識してます。
「急斜面・・・滑落したら大変」
「足引っ掛けて転がり落ち死亡・・・なんてなったら」
とその時の記事にも書いています。
ちょっと足を滑らせた踏み外しただけでも命に関わるような事故に繋がる・・と肝を冷やしたのを覚えています。
滑落だけでなく、転んだ先の岩に頭を打ち付けるとか、あるいは熊に出くわすなんて事など様々な危険がある訳で。
大会の運営側がどんなに対策を練ろうとも限界があると思うし、すべての危険を排除することなんて不可能だ。
いつかは起こると思っていたし、起こるべくして起こったとも思います。
そして山に足を踏み入れる以上、すべては自己責任だとも思っています。

「コースタイム何時間の所を、何分の一の時間で走り抜けました」って言っても、登山家からすれば、
「なに言ってるの。山に入る為の装備をまとめて麓に置いてきてそんな軽装で来て」って感じだろうし。
70キロとかの荷物を背負って冬山を行く登山家はよっぽど鍛えられてると思う。
登山家の装備は「山で死なない為の装備」である。トレイルランはそれらの多くを削り落とし軽装で山に入るのだからある意味自殺行為だ。
トレイルランナーのその多くがブームに乗かってきた、自分の身を守ることすら出来ない山の素人だという印象です。
むろん僕もそうである。だからこそトレイルランよりもまず登山に関する知識を優先して身に付けようとした。
持っていて当然という知識として学ばなければならない事もまだまだ沢山ある。

新聞に「集団で狭い山道を駆け抜け、非常に迷惑。禁止して欲しい」と言うハイカーからの投書が載ったとも聞く。
ランニング雑誌のトレイルランニング特集を読み興味を持ち、調べるにつれトレイルランナーは「異端の者」であり「はた迷惑」な存在なのだと言う印象。
海外では認知されているスポーツだと言うけど日本では事情が違う。
参加人数2000人を越える人が一斉に山に入り、スピードを競い合うには日本の山道は狭すぎるし。
急なアップダウンが多く、海外のだだっ広い所でのクロスカントリーとかトレイルとは訳が違う。
だから、登山家やハイカーのテリトリーに入って来た新参者として走らせてもらっていると意識を持つようにしている。

なんてちょっと事故でいろいろと考えさせられたり。
トレイルランの真似事をやってみたけど、本格的にトレイルランニングに挑戦していきたいと思うならそれなりの覚悟が必要だなぁと。
それでも山道を走る爽快さを忘れられない。トレイルランへの欲求は抑えられないなぁ。

●10/23の走行距離キロ
(公園まで往復、1.6km×2)+(1kmコース10周)
タイム:1時間7分22秒(1キロ平均5'06)

ラップタイム
8'55
4'52
4'53
4'58
4'58
4'52
4'51
4'48
4'48
4'30
4'16
10'37

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

本当に、考えされられます。
ブームに乗ってトレランを始めた私も、 先日の天狗レースで一瞬ヒヤッとした場面がありました。 何があってもおかしくないのは平地でも山でも同じかもしれないけど、そのリスクは圧倒的に トレランの方が多くなるのですから、ね。

確かに先日のレースでも 「がんばれ」と言ってくれる人も、迷惑そうに避ける人もいました。
通常マラソン大会はコースを借り切って行われるものなのに、
ゆっくりハイキングを楽しんでいる人達には迷惑この上ないことだったでしょう。
だからこそ、挨拶、譲り合い、謙虚な気持ちって大事なんでしょうね。
私もこれからもトレランを続けて行きたいと思っているので、基本をきちんと守って迷惑にならないように楽しみたいと思ってます。

ハセツネで無くなった方に、合掌。ご冥福を祈ります。

【2007/10/24 12:55】 URL | para #GsbZZxQM [ 編集]

>paraさん
気持ち良くトレランに取り組んでいきたいので、マナーを守り、きちんとしたモラルをもって走りたいと思います。
調子に乗って危険な走りをしないように自分に言い聞かせて。

一人で走ってるとまったく人と合わない時間が数時間続き、ここで足滑らせて落ちて怪我で動けなくなったら、誰にも気づかれないなぁなんて思うことが多いしw
まあ、携帯が通じる場所も増えてるのだろうけど。

また、そろそろ、冬になる前にもう1度山走りたい。
冬は流石に行かないだろうから。
【2007/10/24 14:11】 URL | ひで #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://darudarunikki.blog59.fc2.com/tb.php/173-51ec91fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。