足の向くまま気の向くまま
思いつくまま気の向くまま!な感じの日記!!運動が嫌いだったのにジョギングを始め汗をかき息を弾ませる事の気持ち良さを知るwで今度はロードバイクに興味を持ちボチボチと走っております。
FC2カウンター

プロフィール

ひで

ひで
関東在住・30代・男性
2006年9月よりジョギングを始めました。
フルマラソンを3度、10km、ハーフなど幾つかの市民大会に参加。
2008ツールドフランスのダイジェストをNHKで見て「オイラもロードバイクに乗る!」と2009.1月にオークションで古い中古のロード買って乗り始めました~(笑)
耐久、ヒルクライム、サーキットでのホビーレースなんかにも参加して行きたいです。

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくばマラソン-幻となった初フルサブフォー
先日、予告した「血と汗と涙の壮絶な道中」
第27回つくばマラソン大会記

書き上げました。
初のフルマラソン挑戦となるつくばマラソン
事前の30km走が2時間26分
ハーフの持ちタイムが1時間38分(練習時)1時間42分13秒(大会実績)
つくばエントリー時のタイム申請には3時間45分を目標タイムとして書き込みました。
30km走の時の平均ペース4'52よりも早いペース4'45で組み立ててあわよくば3時間30分にチャレンジしてみようと思ってましたが・・
流石にそれは、30km以降の過酷さを知らない者の身のほど知らずな考えでしたw

今後のレースの際に振り返って読む時の為に、朝何時間に起きたとか睡眠どのくらいとったとか何食ったとか個人的な備忘録代わりにもなってるので無駄に長いです(^^;)
適当に読み飛ばしてくださいw


<当日、目覚めの時、アラームvsオイラ>
つくば前日、9時半には布団に入る。
4時に起きて用意して5時に出発の予定だったので。
緊張してなかなか寝付けなたっりして布団で横になってても実際に寝ている時間は短くなってしまうだろうと、早めの就寝。
割とすぐに寝付けはした物の、12時過ぎ位に目が覚め、そこから寝付けず。
1時過ぎか2時くらいだったか良く覚えてないけど、その位まで時計を見た記憶がある。
でもその後、眠ったらしく、4時の携帯のアラームで起きた。
いつも勝手に目が覚めて起きる為、目覚ましは使ってなかったけど、流石に大事なイベント時はセットしておく。
実際、アラーム鳴ってなかったら今日は起きてなかったかもしれん、セットしておいて良かった。。
今回のように早朝に起きる事情があってセットしててもアラーム鳴る前に先に目覚めて鳴り出した瞬間を待ち構えて止めるw事が多い。
でも、今回は目覚ましに負けたw

<さておでかけ、つくばへの道>
起きてブログをチェック。応援のメッセージから元気をもらってモチベーション上げる。
行ってきますのコメントを書き込んだ後に、前日、用意してある荷物をチェックして着替え。
シャツにフリースに綿入りのウインドブレーカー。夜明け前でまだ寒い~。
チャリで駅まで行き、松屋で朝食。9:30スタートだから、5:30はスタート4時間前。
レース当日の食事は3時間~4時間前って謳ってる所が多い。オイラの場合は3時間前くらいがちょうどいい気がする。
4時間前はちょっと早いけど、池袋や秋葉では駅付近で早朝からやってる店がすぐに思い浮かばなかったので。
地元駅近くで豚丼を食う事にしたのだ。食い始めて向かいに座る人の朝食セットを見て後悔。
なんで、オイラ、豚丼?レース前だよ。普通、納豆とか卵の朝食セットだろう!w>俺
池袋に着いてトイレに入る。会場は混雑だろう。大を早々に済まして起きたいのだ。
「ばふっ!」・・・駄目だ、屁しか出ないw
諦めて秋葉に向かう。山手線、ランナー1組見かけただけ。思ったより少ない。
秋葉に着くとブレーカーにランニングシューズのいかにもランナーな人達が沢山。こうでなくっちゃ。
ランニングシューズの展覧会のようだwわくわく、足元ばかりみて観察してる~。
で、トイレで「大」放出に再度チャレンジするも、まだ出ない。やばくない?出ないままスタートしたらレース中にもよおす事、必至じゃんw
つくばエクスプレスに乗り込む。ランナーでぎゅうぎゅう。暑い。上着脱ぎたかったけど狭い所でモゾモゾ脱ぐのは迷惑だなぁと我慢。
そしたらシャツ、汗で濡れる。オイオイ、レース前に電車の中で水分を放出するなよw
つくばエクスプレスでも立ちっぱなし、シャトルバスでも立ちっぱなし。

<会場に到着して>
会場に着いたらすでに沢山の人。受付開始の7:30には着いてるつもりが、着いたのは8時過ぎ頃だったかな。
松屋で食ってる間に予定より1本遅い電車だったし、2度の無意味なトイレで時間をロスしてる。
まだ済ましてないトイレに並び大便放出、着替え、荷物預けにまた並ぶ、スタート地点付近に移動してアップをする。
そうなるとのんびりしてる暇は無さそうだなぁと。
「元和光市民」さんからも「荷物預けの混雑と意外に離れたスタート地点だから早めに」とアドバイス貰ってたし。
確かに、受付、更衣室&荷物預かり、スタート地点がそれぞれに結構離れてる。
時間的余裕はさほどないなと認識し、受付後、ゴールゲートを通りトイレに向かう。
ゴールゲート付近でhiddieさんらしき人を見かける。ゲート前での写真を撮ってもらってたんじゃないかな。
hiddieさんもいつもそうしてるみたいだし~。
似てるなぁ、そうじゃないかなぁと思いつつ、違ったら恥ずかしいなぁなんて気弱でシャイな面を発揮しw声をかけそびれる。
「救護テントの裏に陣取ってるって」みたいな事を連れの女性と話してるのが聞こえた。
もしかして甘党ランナーズ本部の事を言ってるのかも・・と。テント裏を覗いてみたけど、よく解らなかった。
真偽の程はどうなんでしょう?やっぱり全然別の人だったり?
おっと、時間なくなっちゃうとトイレに移動、あ~、やっぱ、並んでる。今度はしっかりと放出できましたw
出たブツを観るにほど良い固さのようだw
レース中、下痢で何度もトイレに駆け込むってパターンも無さそうで一安心w
更衣室に移動し、予定通りのスタイルに着替える。動かずにこの格好で居ると肌寒い感じだけど、一旦走り出すと暑くなりそう。
周りでも手袋やアームウォーマーは今日は要らないねぇ、なんて声も聞こえる。
まあ、アームウォーマーはずらせばいいし、手袋は外してタイツに挟めばいいし、このまま行こう。
ヴァームゼリーとバナナでエネルギー摂取。ここで水分もしっかり取るべきだったな。
荷物を預けに行ってスタート地点に向かう。肩回したり上半身を歩きながらストレッチ。
途中、建物の中に出入りする人を見かける。ん?トイレかな?
胸に着けた心拍計、まだ、電極を濡らしてないから、心拍感知してくれてないんだよね、表示が00ってw
チャンスだ!とトイレに行って電極と接触する胸の部分を濡らす。
心拍110~120あたりだ。OKしっかり感知してくれたね。レース前の緊張か、歩いてるだけでも120ってw
まあ、ほぐすようにストレッチしながら歩いてるからね。
5000番台の所に着いて足のストレッチ。番号事だからよっぽどスタート直前に遅れて来たのでなければ最後尾に並ばされる事はないみたいだね。
スタートが近づき気分高揚!わくわくするぅ!

<いよいよスタート、序盤はわっしょい皆でjogだ>
いざ、スタート。しかし、ぞろぞろ歩いてるだけ。
スタートラインを通ってストップウォッチをスタート。
序盤はjogだ。大人数でわらわらとjog。しばらく進んでウォッチのオートLAP機能をオンにしてないことに気付く。
やべぇ、一旦、停めてセッティング画面に。1km毎のオートLAPで再スタート。
LAP計測は1.9kmが最初で、以降1km毎。
ストップウォッチ停めずに設定変えられたらいいのに。おかげで少しネットタイムとずれちゃったな。
徐々に自分のペースで走れるようになってきた。今日の設定タイムはキロ4'45、30kmまで粘れればと思ってた。
でも、やっぱ直前の2週間ろくに走れてないし、4.9km地点で4'49、心拍は173と高い。
これは今日は、4'45は無理だな、練習での30km走と同じ4'50を目安に行こう・・と。
しかし、6キロ過ぎあたりかな?脇を自動車が通る道に出る。ここでまた渋滞状態で6.9km地点でペース5'12
人の流れは5分オーバーだ。ちょっとイライラ。すり抜けをやるには人が詰まり過ぎでスタミナロスしそう。

<歩道を行く青いランシャツ兄さんとオイラ>
脇を見ると歩道を走ってるランナーがちらほら。公認コースだし、ちゃんと車道走らないとズルだろうなんて思っていたものの・・
9kmあたりから給水のある14kmあたりまで、歩道に上がって走るw
前を走る青いランシャツの若いお兄さん、ついていくと4'50あたりのペースっぽい。
お兄さんをペースメーカーに、9km~14kmはキロ4'51~54でまとまった。
14kmの給水でアミノバリュー摂る為に車道がわに降りる。青いランシャツ兄さんとはここでお別れ。
今回の給水は少々こぼしつつも前回のように鼻から吸ってしまって咽たり咳き込むなんて事が無くこなせた。

<魅惑のフトモモ>
15キロ過ぎくらいだったかな、ランパンランシャツのお姉さんを発見。
世の中の女性は、ランスカだ、ランドレだと騒いでおりますが、オイラ的に魅力を感じるのはランパンで剥き出しになったフトモモでございます!w
もし水谷理沙ちゃんなんかのランパン姿の後ろを走る事になれば全力でついていきますよw(しかし300mで振り切られるなw)
もう、「馬の顔の前のにんじん」状態です。ふっともも~ふっともも~o(*^-^)o
しかし、「Track and field」と書いたおっさんもふとももちゃんに張り付いてる。
オイラと柔らかそうなフトモモの間にことごとく立ちはだかろうとするおっさん!う~ん、邪魔だなぁ!(><)
なんて事を書いてみるのも、「笑いあり」って予告してたから~w
このフトモモちゃん、4'50に近いペースだったし、更には、自分のペースを維持しつつスルスルと人並みをパスして上がっていく様子が非常にうまく参考になってたのです。
オイラが抜く時は、「今抜く!」とガッとペースを上げて、抜いてスペースがある所に収まるとまた自分のペースに戻す・・ってのを繰り返して上がって行く訳で。
非常にスタミナをロスするような、無駄に足を使ってる感じなので、このフトモモちゃんのようなスムーズな走りを観察して見習おうとしてたのです。
フトモモちゃんをペースメーカーにしたのはエロだけではありませんよw勉強も兼ねてだったのです!w
まあ、エロ8割勉強2割ですがw

<そして悲劇は起こる!蛙とオイラと三角コーン、3つ交わる時、血みどろの惨劇が!>
17kmあたりかな、折り返して来た選手とすれ違うようになり、心の旅人さんとかhiddieさんを発見できるかなとそっちに気を取られて走るうちにフトモモちゃんとじわじわ離れてしまった。
その頃、前方に走る大きな緑の頭が見え隠れ。追いつくと、カエルが走ってる!
折り返しコースだから、走ったほとんどの人が見かけたのではないでしょうか。
全身を覆ってるいかにも暑そうなカエルの着ぐるみ。追い抜く時に顔を覗き込んで「頑張ってください!」って手を振りながら声掛けたの。
そう!その時!「ぼこっ!」と足に衝撃!三角コーンにぶつかり前方に吹っ飛ぶようにダイブ!w
ぼこっ!(インパクトの瞬間)ズザッ!(手をつき手の平、膝、肘をしこたま擦り剥く)ゴロ(勢いよく横に一回転)スタっ(回転の勢いで立ち上がる)スタタ・・(何事も無かったように走り始める)」って感じ。
一瞬の出来事、柔道の前回り受身の練習みたいな感じで1回転して立ち上がる感じ(だったような気がする)
カエルさん「大丈夫ですか!(@@;)気をつけないと」とびっくりして声掛けてくれる。
カエルに心配されるオイラって(^^;)
「大丈夫です・・」といいつつ擦り剥いた個所がズキズキする。あ~、痛てぇよ~(;;)
痛いし、恥ずかしいし、気が動転して、周りに謝るのも忘れてた。後続のランナーにも邪魔になっただろうし、ペース乱しちゃったよねぇ。
足ぶつけて吹っ飛んだコーンも誰かに当たったりしなかったかなぁ。あ~、ゴメンなさい~。
よそ見して走ったからこうなる~。ズキズキ痛む膝を見るとキネシオテープは無残に破れ一部剥がれて垂れてる。
そして、擦り剥いた膝2箇所に血が滲んでいる。手の平、打撲。肘も擦り剥き血が滲む。
「血と汗と涙の・・」のの部分はこのエピソードからねw
血みどろといいつつ擦り傷で血が滲んだだけだけどw
この後、心の旅人さんとすれ違うも気付くのが遅かった為に、声掛ける間も無く(^^;)
サブスリーランナーとすれ違うのは一瞬ですよ。オレンジのランシャツかと思ってたらこの日は青だった。
前日、更新された記事に書いてあるんだけど、オイラが寝た後にUPされた記事だし、朝には自分のブログのコメントをチェックしただけだったから。
青だって知ってたらもうちょっと早く発見出来て、「かっちゃ~ん!(心の旅人さんと叫ぶのは恥ずかしいし、すれ違い様には言いにくいし)」って声掛けれたかも知れないのに、失敗した~。
手首から下をダラリと下げて「うらめしや~」みたいなポーズでしたよ。あれってリラックスするためにやる手ブラブラの一種なのかな?
hiddieさんの走ってる姿は確認出来なかった、オレンジのシャツを気にして見てたけど・・残念。

<ハーフ、折り返し地点と少年の応援>
オイラが大転倒を演じた間にフトモモちゃんは前方に見えなくなりつつある。
ここで、足使ってペースを上げて追いつくなんて事までは流石にしないよ。そこまでストーカーじゃないしw
転倒後、18.9km地点:4'54 19.9地点:4'51 20.9地点:4'49とうまく4'50でまとめようとする。
しかし、転倒前は心拍170後半だったが、転倒後180前半に突入。
ハーフ通過は1時間44~5分かな。練習での30km走の21km通過が1時間41分56秒。
2~3分程度の遅れかな。まあ、ロスはあれどキロ4'50を意識したペースでここまではなかなかいい感じで来れてる
折り返した後、前方にランナーとハイタッチする4人ほどの少年達を発見。あ~、オイラもオイラも・・と歩道側に寄り、「イェイ、いぇい、イェイ!」と連続してハイタッチ!
気持ちいい~、まだまだ元気じゃんと思ったのもつかの間、心拍180台に入ってから既に数キロ経過。
きっつい。ペースを落とすべきだね。30kmまでは、キロ4'50を意識して居たかったんだけど・・。

<ふくらはぎ見事な筋肉のおじいさん>
ハーフを過ぎ21.9km地点で4'59 もはや4'50ではなく5'00ペース
前方に青のスカイセンサーを履いたおじいさんを発見。ランシャツランパンも青系で決まってる。
ふくらはぎの筋肉が半端なく見事だったから気になった。
先のフトモモちゃんと同じく、この方も経験豊富な歴戦の勇者であろうw
こういう人はきっちりイーブンで走ってくれる。付いてみるとキロ5'00っぽい。
よろしくお願いします、おじいさん・・ということで、新たなペースメーカーに認定w
29kmあたりまで、頑張ってこのおじいさんに付いてキロ5'00を目安にする。
しかし、~30kmまで、キロ4'50を意識して走るつもりだったのが
~21kmまでキロ4'50で、21km過ぎ~29kmまでがキロ5'00 になってしまったので、3時間30分あたりは無理だなと。
29.9地点でキロ5'13まで落ちた。5'00ではもう維持できない。
30km通過は2時間29分くらい。練習の30km走が2時間26分だったから3分ほど遅い。
おじいさんにもついて行けずどんどん離される。ありがとう、おじいさん、ご検討を祈ります。

<30km以降の失速>
ここから先は、未知の領域。ペース走は30kmまでしかやったことがない。これ以上の距離はjogペースLSDペースしか経験が無い。
30.9km地点:5'08 31.9km地点:5'26 32.9km地点:5'21 33.9km地点:5'38
ペース維持できない。どんどん落ちる。おしるこ、摂らずに通過した。1秒でも惜しいから。
33.9kmの時点で2時間51分
残りの8キロを
平均キロ6分なら+48分で、3時間39分
平均キロ7分まで落ち込んでも+56分で、3時間47分

当初の計画では、30キロまでキロ4'50のイーブンペース、30km以降は、緩やかなビルドダウンで考えていた。
ブレーキがかかるのは仕方が無い。自分がフルマラソンをイーブンで走れるなんて思ってない。
落ちるのは想定の範囲内、だけど問題はその落ち幅。
急ブレーキではなく、1km毎に気力で粘りに粘ってちょっとずつ落ちて行く感じに抑えたい。
いざ、ここから。ここからが本当の闘い。ここからの数キロこそがフルマラソンその物だ
すでにペースは33.9km地点で5'38まで落ちてる。
頑張って、5'40で1キロでも先に、落ちたら今度は5'50でまた1キロでも先に、何とか6分を割らないペースで1歩でも先に・・。
そうすれば、3時間半は無理だったけど、3時間40分はここからの頑張り次第で切れるはず。
無理でも、つくばの申し込みに書いた3時間45分は切って見せよう。
そう思って気合を入れた矢先の事だった・・・

<硬直した両足と流れる悔し涙>
34km過ぎたあたりかな。
突然、両足の腿が鉄のように固くなって行く。あたかもギューって音を立てていくように。
走るどころか、歩くのもままならない状態。仕方なく歩道に上がって立ち止まった。
屈伸してみる。コレが30km過ぎの壁なの?もしそうだとしたら、みんなこんな状態で走ってるの?って思った。
そのまま歩道をよろよろと走り出す。その瞬間、ビーンって正にそんな音が聞こえてくる感じ。
腿の前面がガチガチに固まる。膝も曲げられずピーンと突っ張ったまんま固まった。
「なにこれなにこれなにこれ!」焦りまくる。こんなの経験が無い。左の腿は「びくびくびくっ」と別の生き物かの様に脈打ってる。
つった?つったの?ビクビクってこれ痙攣?まさか、こんな所で?なんで?嘘でしょ?
以前に読んだ心の旅人さんの同じように痙攣が出た時の記事を思い出す。
もうパニック状態。どうしていいか全然わからない。
今からみんなと一緒に戦おうとしてたのに。戦う権利さえ与えられないの?
いや、違う、いま脇を通り抜け走ってる人達もみんなそれぞれに苦しいんだ。
ならばオイラも今抱えるこの苦しみと戦わなければ・・と思い直す。。
足の状態が良くないままレースを走る事になった為に、膝の状態が悪くなればDNFも有り得るかもね・・なんて思ってはいた。
でも、もし本当にDNFの危機が迫ったのなら、それと戦おう、這ってでもゴールラインを超えようとも考えていた。
まさか、その状況になってしまうとは。兎に角、前に進もう。
paraさんがレースで足がつった時の塩をくれたランナーの話を思い出した。ああ、塩を持っていればこの状況を打開出来たのだろうか。
硬直が収まるのを待って歩いてみる。しばらく歩いていけそうだったら走ってみる。
でも、また、つる。イタタタ、ビンと固まる。両足つると完全に停まってしまうから、そうならないようにしよう。
しばらく歩く。足から下が膝が曲がらないまるでマネキンの足がくっついてるみたい。
ぴょこぴょこと歩く。緩んできたらまた走る。つりそうな感覚になるとまた歩く。
街道のおじさんが歩くオイラに激を飛ばしてくれる「ゆっくりペースでも、走りさえすれば4時間、間に合うよ!
そう聴いて走り出すも、またビキビキとつりそうな感覚が訪れる。悔しいけれどタイムに関しては完全に諦めてしまった。
だけど、どれだけ時間がかかってもゴールラインは必ず超える。右足がつりそうなら左足で体を前に進める。左足が駄目なら右足で。
両足緩んだのなら、走ってみる。それでも、どんどん追い抜かれる一方。
涙がボロボロ流れてきた。悔しい。情けない。無念だ。
それと同時に「もうちょっと」「あきらめるな」と声を掛けてくれる街道の応援が暖かく背中を押される。
ありがたくて、更に涙が流れた。ポカリスエットを飲む、頑張って坂道を上がる、スプレーをかけてもらい角砂糖を頂く。
その辺はもう、時間的にどっちが先の事で、どっちが後の事だったか、わからないくらいになってる。
ただ、ポカリスエットで電解質バランスとかどうとか、そういうのが改善されたのか、一瞬、何事もなかったかの様に足が軽くなった時があった。
よく考えずに、がむしゃらに猛ダッシュした、ちらっと時計を見ると4'30~40くらいのペースが出てたような気がする。
ボロボロなのに?こんなペース?って思った。でも4時間4分30秒だとかの4分30秒をペース表示と見まちがえていたのかも。
そんな訳のわからない無謀なダッシュもほんの一瞬。またバキバキとつる。
がむしゃらに前に進む。競技場へ続く細い道。歩くオイラを追い越し際に、「あともう少しだ。頑張ろう」と声をかけてくれたおじいさんの言葉にまた涙が溢れる。
足を引き摺るオイラに「頑張って」と心配そうに声をかけてくれる人、なんとありがたかった事か。
競技場に入りトラックを行く。ああ、つらいながらも充実感に包まれて、このトラックを気持ち良く走りたかった。
なんとか辿り着いたっていう感覚しかない。最後のトラックくらい走ろうと頑張って追い抜く。
でも、最終コーナーあたりでまたつりそうになって、足を引き摺りながらのゴールになったような気がする。
電光掲示板は4時間16分だった。
ゴールラインを超える時、軽く右手を上げてみた。
けど、やり遂げたという自信に満ち溢れたガッツポーズではなかった。

「血と汗と涙の・・」のの部分はこのエピソードからね。
感動秘話で泣けると言う意味でなく、オイラがいい年してボロボロと涙をこぼし鼻をズルズル言わせながら泣いたという話なんですけどw


<ゴール後、現実を見つめる>
しばらく芝生にうずくまってクリスタルカイザーとソイジョイを頂き、参加賞を貰って記録賞を受け取る。

4540位
ゴールはしたけど、完走してない。フルマラソンに参加したのだけど、フルマラソンになっていなかった。
こんなはずじゃなかった。無かった事にして欲しいとまで思う。初フルとして残る記録がこのタイム。

荷物受け取りに並ぶ。恐ろしいほど長い列。寒かった。耳の後ろや、もみ上げのあたりが妙にザラザラしてるのに気が付く。
塩だ。汗が乾燥して塩を噴いてる。回りにいる人もそうだ、シャツやタイツから塩を噴いてる。
たっぷり汗かいたんだね。
「血と汗と涙の・・」の汗のエピソードはコレで、って事でw

更衣室に移動し職場のサブスリーランナーにメールで報告したら、「次はサブフォーを目指しましょう」だって。
悔しい。自尊心を傷つける。
自分はすでにサブフォーは出来てあたりまえのレベルにいると思ってた。
練習でそれだけの走りをして来たつもり。これは奢りなのか。
しかし、4時間16分・・これが現実。次はあたりまえのようにサブフォーやってみせる。
今回のこの経験がきっとオイラを強くさせる。
でも、それと同時にトラウマにもなった。また34kmあたりで足がつるんじゃないかと、痙攣を起こすんじゃないかと。
サブフォー所かフルマラソンをしっかり走りぬいて完走することなど出来やしないのではないかと。

ボロボロの足を癒すのにまた12月はろくに走れないんだろう。
つくばが終わった時の状態を見て、1月に、谷川真理かフロストバイトあたりに出てハーフの記録を更新しておこうと思ってたけど。
ハーフの大会記録1時間42分13秒だから。コレって、その後、練習で出した1時間38分より遅いんだもんw
ハーフに加えフルも不本意なままの記録が残る。リベンジする対象が増えたなぁ。

長文ですが、この辺で。最後まで目を通してくださった方、ありがとうございます。
いつも愚痴っぽい大会記で申し訳ないですw
いろいろな感情が混ざり合って、ぐちゃぐちゃでございます。
こんなに辛い思いするならもう、フルマラソンなんていいや、なんて思ったりもしますが・・。
このままで終わらせて引き下がる訳が無い!w
一晩たった今も、筋肉痛やらなにやら体中が痛く、立ち上がるにも座るにも歩くにも横になってて寝返りをうつにも「うが~、イテテテ」と言う状態でしてw
復活には時間がかかりそうですが、必ず「やぁ~ってやるぜぇ!」なオイラが帰ってきますw


●2007/11/25(晴れ)
第27回つくばマラソン
42.195km
タイム:
グロス 4時間16分48秒
ネット 4時間13分22秒(1キロ平均6'00)


距離 :ラップタイム:心拍

01.9 :10'13 :161
(オートラップ機能をオンにするのを忘れてた。途中で慌ててオンにしたので最初の計測が1.9km地点。以降1kmLAP)

02.9 : 5'11 :165
(序盤は混雑、みんなでjogな感じ) 

03.9 : 4'56 :169
04.9 : 4'49 :173
05.9 : 4'48 :173
(徐々に自分のペースに持っていこうとする。4'45で行ってみたかったけど2週間走れてない影響か心拍高く30km走の時と同じ4'50を目安にする)

06.9 : 5'12 :169
07.9 : 5'04 :168
08.9 : 5'02 :170
(1車線車の通る道路に出たんだと思う。また混雑。自分のペースに戻したいので歩道に上がる事にする。せっかくの公認コースなのに歩道に上がっちゃ駄目でしょw)

09.9 : 4'51 :175
10.9 : 4'54 :176
11.9 : 5'01 :177
12.9 : 4'52 :177
13.9 : 4'52 :178
(4'50で行きたい。同じ位のペースで前を走る青いランシャツの兄さんをペースメーカーに。共に歩道を走る)

14.9 : 4'57 :179
(給水の為、車道に戻る。給水の影響で数秒ロスかな)

15.9 : 4'50 :177
16.9 : 4'54 :176
(前方にランパンの姉さん発見!生足、太腿にロックオン!w)

17.9 : 5'03 :178
(悲劇その1、三角コーンにぶつかり大転倒!膝、肘、手の平を擦り剥き血が滲む。しこたま痛かった!)

18.9 : 4'54 :184
19.9 : 4'51 :184
20.9 : 4'49 :183
(転倒の影響もありランパン姉さんから距離が開いちゃう。ペースは4'50で。ハーフ通過は1時間44~5分くらい)

21.9 : 4'59 :183
22.9 : 4'56 :182
23.9 : 5'00 :185
24.9 : 4'59 :185
25.9 : 5'09 :186(給水ロス数秒かな)
26.9 : 5'01 :187
27.9 : 5'02 :188
28.9 : 5'04 :186
(ハーフ過ぎてきつくなる。心拍も180を越えて数キロ経過。5'00イーブンっぽい足の筋肉ぼっこりのおじいさんをペースメーカーに)


29.9 : 5'13 :186
(おじいさんと離れてしまった。ペースあげたのかと思ったけど、オイラが落ちたんじゃんw)

30.9 : 5'08 :188
(5'00に戻したい。30km通過は2時間29分くらい)

31.9 : 5'26 :184
(おしるこポイントかな?しかし摂らない。バナナだけ)

32.9 : 5'21 :183
(30km過ぎてもうペース維持できない。なんとか5'20で35kmまで粘りたい)

33.9 : 5'38 :181
(あっさり5'20を割って、5'40以内で粘ろうと下降修正。33.9kmの時点で2時間51分)

34.9 : 7'57 :161
(悲劇2、左太腿痙攣&両太腿がつる。停まって屈伸したり)

35.9 :10'01 :146
36.9 :10'32 :146
37.9 : 8'39 :154
38.9 : 8'04 :155
(は、走れん・・収まってきたかなと走るとまたつる)

39.9 :11'02 :142(悔しくて悔しくて泣きながらラン&ウォーク)
40.9 : 8'32 :143(ラストくらい頑張ろう。つって膝が曲がらないまま走る)
41.9 : 7'56 :154(収まった時に猛ダッシュしてみる。もちろんその後またつる)

42.9 : 8'07 :152
(歩くオイラを追い越しながら「もう少しだ。頑張ろう」とのおじいさんの言葉にまた涙。頑張って足を引き摺りながら前進する)

43.2 : 2'02   (ぴょこぴょことした走りでトラックで頑張って抜く。で、またビーンと足がつり、引き摺りながらゴール)

距離表示、誤差あり(フルで43km走った事になってるから結構誤差出てる)
4時間14分04秒(手元の時計)

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
完走おめでとうございます!
いろいろ苦労も多かったと思いますが、最後まで走りぬいたことはす~~~っごく素晴らしいと思います。初めてのフルマラソン完走、おめでとうございます!
お互い、また良い準備をして、良いレースをしましょう!
レース前の私と連れと思しき姿、まさしく私たち夫婦です!甘党ランナーズはいつでもゆるゆるでオープンな集まりですので、気軽に声を掛けてくださいね!
【2007/11/27 00:33】 URL | hiddie #WykVkL26 [ 編集]


こんばんは はじめまして
完走おめでとうございます。
記事を読んでわがことのように思い出してしまいました。
あれだけの状態となりながら、それでも完走されたのは
すごいと思います。
なかなか思うように行きませんよね。
万全の準備をしていたのに 私も思う様にならず中間点を
越えたあたりから 地獄が始まりましたが 何とかたどり着いた
感じです。
次は東京マラソンですが、自己ベストを出せばいいじゃないと
それだけを考えてます。(笑)
【2007/11/27 00:46】 URL | マーレパパ #3/VKSDZ2 [ 編集]


おつかれさまでした。

悔しくて泣いたとの事ですが
こんだけ詳しくレースを振り返れて、更にうんこネタまで赤裸々に書ける元気が
あるから案外すぐにまた気持ちを前向きに切り替えれますよ。

お疲れ様でした。
またお互い、頑張りましょ。
【2007/11/27 08:56】 URL | genki #- [ 編集]


ひでさん~~。じっくり読ませてもらったよ~~ん。
まさに 血と汗と涙の42.195km でしたね。
悔しさが伝わってきて、自分のことも思い出しながら ウンウンと読んでしまいました。

青梅マラソンの時に三角コーンと中央分離帯の目印がとっても怖かった思い出があります。 実はカーブの時にいきなり現れた三角コーンにびっくりして避けたんだけど、多分私の真後ろを(私に付いてた?)人が 避けきれずに激突して転んだのですよ。
いきなり避けた私が悪かったかなぁ?と。でも自分もそんな余裕無かったので。。

走れないくらいの怪我になら無かったのが不幸中の幸い?膝とか思いっきり打ってたら、大変でしたよね。
痙攣、ひでさんの痙攣は何となく私のとは違うような気がする(根拠無し。。。笑)
私のは水分バランスで、ひでさんのは速いスピードから来る負荷によるもののような。。。

なんでも最初っから「やれたぜ!」って思うよりも この初レースの記録と思い出がひでさんをより強くするんだ!!ってことで。
きっと凄く強くなって来ると思うのです。 お疲れ様です。
【2007/11/27 12:17】 URL | para #GsbZZxQM [ 編集]

凄い・・・^_^;
まずはつくばマラソン完走おめでとうございましたヽ(^。^)ノ
だいぶお辛い初フルマラソンになってしまったようで、読んでいて握り拳に力が入ってしまいましたよ(;д;)
途中までは順調だったんですけどねぇ^_^;
でも私の事も確認して頂けたようで嬉しいです♪今度はお気軽にお声掛けくださいね(o^-')b
 
それにしても長い大会記ですね(^_^;) 私に長いと言われるとおしまいですwぷぷ
でもとても面白く?(ごめんね)読ませて頂きひでさんの熱い走りが伝わってきましたよ!

次回のマラソンではしっかりと30キロ以降に忘れてきた落し物をしっかりと拾い上げて、
満面の笑顔でゴールされてくださいねo(^0^)o

まだまだマラソン人生は始まったばかりですから(o^-')b
それに去年の私よりも全然タイムいいですからw
【2007/11/27 21:09】 URL | 心の旅人 #zj.0LZUg [ 編集]


みんな初フルはこんな感じですよ・・
もう絶対マラソンなんて走らないなんて泣いていても
時期がくればそれなりに頑張って成長していきます。
もともと走っていた人ならいざ知らず、人生の途中から
走り出した人は誰も何回か泣いて早くなっていきます。
ひでさんも次かもしくは次あたりはサブホォーになりますよ~

それにしてもレースのさなか色々な出来事がありましたね。
走りながらの観察も細かく覚えていて凄いね~

悔しい思いを何時までも引きづらないで、これをバネに次に
向かって頑張っていこうね~~

【2007/11/27 22:32】 URL | 星峰 #rdwG4C.k [ 編集]


>hiddieさん
ありがとうございます!
やはり、ご夫妻でしたかぁ。声かけなかった事が悔やまれる~。
hiddieさんを6月の東京喜多でも見つけられたし、1万人のつくばでも見つけるなんて、あまりにも出来すぎだよなぁって。
似てるけど、まさかなぁって及び腰になってしまった訳で。
甘党ランナーズ、いつでもゆるゆるですかぁw
今度こそは声かけますよ、気軽に。

>マーレパパさん
いらっしゃいまし!はじめまして!
ありがとうございます!
最初くらい、普通に走らせてくれよぉ~(><)って思いましたw
「こういうレース展開を作るんだ」としっかりイメージを持って望んだにも関わらず、実際は思い通りに行きませんね。
東京マラソン、当選したのですね。いいなぁ。
つくばで頑張って、東京マラソンはファンランだぁ・・なんて思ってましたが、物の見事に落選しましたw
目一杯楽しんで尚且つ自己ベストでるといいですね。

>genkiさん
ありがとうございます!
徳光さん並にすぐにボロボロ泣いちゃいますのでw
すでに、気持ちは前向きに切り替わりましたw
genkiさんも、最近頑張ってるしねぇ。またオイラも頑張ります!

>paraさん
ありがとうございます!
他にも、前の人が突然避けた三角コーンにぶつかりそうになったシーンありました。
多分、前の人も、直前で「やべっ!」って急回避したのだろうからしょうがないですね。
こけた所が脇を車が通ってる箇所でなくて良かったなぁと。下手したらコース外に倒れて車に轢かれるなんて事になりそうで。
痙攣、オーバーペースで出たのだろうか?だったらもっとペース落とさないと駄目なのかなぁ。
「やれたぜ!、はい!次!」って感じでどんどんこなして行きたかったんだけどねぇ。やりたい事いっぱいあるから。
とりあえず42.195kmを経験したので、対策を練れます。しかし、肝心の部分がデータ採取できなかったんですけどね。
これで、練習でもフル以上の距離を解禁!フル以上の距離のマラニック行きまっせ!
リベンジには30km以降の対策が必須ですね。体は筋肉痛でまだ始動してませんが、脳は、新たな練習メニューを考え始めてます!

>心の旅人さん
ありがとうございます!
そう、途中までは順調だったんですよ。あのまま行けてれば・・と思うと悔しくて。「たられば」はみっともないですけど。
長文ですよね(^^;)流石にやりすぎたかなと。思いっきり「もる吉しちゃいました!」w
オイラの文の方が読みにくそうだから、「読む人の気力を奪う」という点では勝てるかもw
34kmで停まった時間を、次でしっかり動かして見せますぜ!旅人さんの腹痛のつくばも壮絶でしたね~。
次は声かけて、一緒にジョジョ立ちで写真をパチリですね。

>星峰さん
ありがとうございます!
もう気持ちは切り替わりましたw単純ですから。
疲労抜けたら、一人フルマラソンやってみるつもりです。
同じ所で、また足のトラブルが出たら、鍛え直し。
ほんとにいろいろ有り過ぎ!w
パズルのピースのような記憶の断片を組み上げるのは、ポラールのランニングコンピュータを使ってるからできるのです。
1km毎に勝手にLAPタイム、心拍、ペースなどを記録してくれるから。
コースマップと見比べれば、給水がある地点で、前後のLAPより+数秒になってるし、「この区間はキロ何分で行ってるから、あの人をペースメーカーにした時だ」とか思い出せます。
数字のデータから検証するのでもうこの時計がないとうまく走れませんw
完全に時計に走らされてます。大会に出た時よりも練習での方がいいタイムが出せるのも、人と走ってペースを惑わされるのが嫌いだから。
時計と睨めっこして走る方が丁寧にLAPを刻めて結果的にいい記録が出る。
「練習でこれなら大会でもっといいタイムで走れるよ」って言う感覚がオイラには解らない。
他の人と逆だオイラw経験をつんで自分自身がランニングコンピュータになれればいいんだけどw
【2007/11/28 02:50】 URL | ひで #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/02/11 03:59】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://darudarunikki.blog59.fc2.com/tb.php/192-2b8640cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。