足の向くまま気の向くまま
思いつくまま気の向くまま!な感じの日記!!運動が嫌いだったのにジョギングを始め汗をかき息を弾ませる事の気持ち良さを知るwで今度はロードバイクに興味を持ちボチボチと走っております。
FC2カウンター

プロフィール

ひで

ひで
関東在住・30代・男性
2006年9月よりジョギングを始めました。
フルマラソンを3度、10km、ハーフなど幾つかの市民大会に参加。
2008ツールドフランスのダイジェストをNHKで見て「オイラもロードバイクに乗る!」と2009.1月にオークションで古い中古のロード買って乗り始めました~(笑)
耐久、ヒルクライム、サーキットでのホビーレースなんかにも参加して行きたいです。

カレンダー(月別)

01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なちゃってトレラン-雲取山編-
行ってきました山に。
なんちゃってトレラン5回目

今回はいつものホーム奥武蔵を飛び出して、奥多摩の方に。
目指すは東京都最高峰(といっても3県にまたがってる山だけど)雲取山の山頂。

題して「そうあの日、あの瞬間、オイラは間違いなく東京都に居るすべての人を見下したぜ、オラオラw-レッツゴーくもとり-

アプローチの候補は
奥多摩駅からバスで鴨沢
西武秩父からバスで三峰神社
奥多摩駅から石尾根経由で

三峰神社は交通の便が悪い。始発のバスに乗っても上り始めは10時半頃になってしまう遅いから却下。
石尾根は行程が長くなるので登りよりは下りに使った方がいいね。
鴨沢着の9:20バスがあるのでコレを使うのが良いかも。自宅出るのは5:30頃。

行きは鴨沢に決定。
帰りはどうするか。
鴨沢に降りてくる往復のコース。
行程としては一番短い。でも過去のコースと比較してもコレが一番だろうから充分といえば充分。
でも基本的に往復コースは好きではない。どうせなら違う景色をみて、いろんな道を経験したいのだ。

三峰神社に抜けるコース。
西武秩父は奥多摩に比べ地元という感覚があるのでイメージ的に復路にピッタリ。
しかし、いかんせんバスの本数が・・
16:45の一本しかない。でもまあ、丁度いいくらいの時間なのかな?
でも、ヘタレのオイラ、間に合わないって事態もありうるかも・・なんて思う。

石尾根を降りるならゴールの奥多摩駅は少々遅くなっても帰る電車が無い何てことはないだろう。

本命は三峰神社という事にして山頂到着時の時間と疲労度をみて考えよう。


5時頃起きて朝飯は前日夜に買っておいた弁当食って出かける
大泉学園(6:02)→所沢(6:20)→小平(6:33)→拝島(7:07)→奥多摩駅(8:02)

奥多摩駅

後ろの山が白くガスってて隠れちゃってますよ。電車の中からも見てて大丈夫かとチト不安。
バスの出発が8:45
時間あるのでトイレで着替え済ます。

今回のエネルギーは・・
ハイドレーションに水2L、家に合った飲みかけのコーラ300mlくらいw
おにぎりとコッペパンとヴァームゼリー、カロリーメイトブロック
パワージェル(梅)、カーボショッツ(コーラ、レモンライム)

バスの座席、2~3しか空きが無いくらいに席が埋まりました。
おばちゃんにシューズにつけたフットポッドを見て「それは万歩計?」なんて聞かれ「距離やスピードを測る物です」なんて会話を交わしつつ。
そうこうするうちに車酔いの感覚が(^^;)
乗り物酔いをするお茶目な34歳w
ヘタレでごめんなさい。
冷や汗吹き出して、吐き気もして何度か嗚咽(><)
もともと長時間乗ると気分悪くなるのだけど、たったこの位の移動で酔うとは思ってなかった。
寝不足気味だったからか。
とりあえず吐かずwに鴨沢到着(9:20
トイレに行ってドアを開けるといきなり強烈な悪臭
ぐはぁ~なんじゃコリャ~、床にウ●コがぁ~
なぜ?ココまで来て間に合わなかったのかっ!
使用中で我慢できずに?
踏まないように避けながらオイラも悪臭に耐えつつ大便済ますw
ここでも吐きそうになるとはどういうこと?
下品なネタは要らんちゅーねん。

なんだかすでに疲れた感じで9:27出発

これ9:38に撮った写真。スタートして10分でこんな景色だとはさすが奥多摩駅からさらに奥に入っただけのことはある。

しかしね、虫の連中が凄いのですよ。蜂、小バエ、蚊・・・
常に頭の周りをブンブンと音を立てて周回してる。無限ループw
蜂を手で追っ払ったりしたら、攻撃されると思われ刺されたり仲間呼ばれて集団リンチを喰らうのでひたすら無視。
スズメバチとかだったら超びびるけど・・、そういう類で無く蜜蜂っぽいうやつなので手に停まったりしてもほっとく。
最初から最後の方までずっと居たよ。オイラは太陽か!?お前らはその周りを回る惑星かっ!?
いや、オイラが地球で、おまいらは米ソが競って打ち上げた人工衛星かっ!?
って感じでサテライトを引き連れての行程となりましたw

基本的には歩きやすい道。たまにはこんな所もありましたが・・

走って登るランナーも沢山いるでしょう。
オイラは登り歩いてましたがw

堂所です。10:41


七ツ石小屋 11:22

七ツ石小屋、七ツ石山を巻いて行く道もありましたが小屋を見てみたかったのとピークを踏んでおきたかったのとで巻かずに。
小屋は外を見ただけど別にどうって事は無かったですけどw

その後に合った水場で顔を洗ったりが気持ちよかったぁ~。
水、ちょー冷たいし。ハイドレーションのは、ぬるくなるからねぇ。

七ツ石山 11:42

スタートから2時間23分。

11:44


奥多摩小屋 12:11

お腹すいてたけど、手前のベンチは人がいっぱいで空いてなかったのでそのまま通過。

でも、お腹がグーグーなってきたので道の端にザック下ろしておにぎり食べる
しかし、停まってると蚊の餌食。足にいっぱい蚊が!
蚊を追っ払うのに軽く足踏みしながらおにぎり食べる。
あ~、うっとうしいー。そっとしておいてくれよ、おまいら。
ゆっくり出来ずに早々に進むと山頂が見えてきた。12:45


ふー、ついた。
山頂手前からの展望。12:48
天気いいけど、遠くは雲が覆ってて稜線は見えません。


登ってきた道を振り返って 12:49


山頂独標前 12:53
標高2017m!
やったねベイビー!(死語)

3時間26分も掛かってますよ。遅い!!
トレイルランナーの記事で2時間とか3時間のを見てたから。

奥は雲が掛かってて富士山までは見えなかった、残念。12:54



さて、帰りですが、どのコースにするか。
思った以上に時間かかってるので来た道を戻るか・・。でも折角、早起きしてここまで来たのに鴨沢往復はちょっと味気ない。
三峰側に降りるか。しかし下りとはいえ、来た道よりも長い行程。
バスのタイムリミット16:45まで3時間45分
今回はプリントアウトした2万5000分の1の地図しかもってないのでコースタイムがわかんない。
もっとリサーチしておくんだった。
帰りも写真撮ったりするだろうし、到着して着替えの余裕とかも見ておきたいし。
石尾根を下ってみるか。行程としては一番長いと思うけど、電車は遅くまであるから暗くなる前に降りれればそれでいい。

前半終了、下りに入る前にカロリーメイトブロック、カーボショッツ(コーラ)とアスリートソルト投入。
カーボショッツ、コーラ・・・これってコーラか?(^^;)

って事で石尾根にチャレンジしてみる事に。
「ランナーズ別冊トレイルラン」にも紹介されてたあの通りのコースって事になりますなぁ。
おとなしく来た道を通って鴨沢に降りれば良いのに・・冒険に出る。
山頂の非難小屋とかトイレを撮りつつ来た道を降りる。七ツ石山の分岐まで戻る。


七ツ石山、巻けばいいのにもう一度上がるw
でも巻き道も結構遠回りになってるし、コースタイムはどの位違うんだろう?

七ツ石山を登って下って、分岐点で鷹ノ巣山に続く道を行く。
するとガスって、もや~と白く見通しが悪くなる


幾つかピークがあるけど巻き道を行く事に。
しかしこの巻き道が厄介だった。左側が山側で笹やらが道に張り出すように被さってて。
手でガサガサ押しのけながら進む。避けようにも右が谷側で逃げれない。
左手が笹や葉や枝で切り傷が出来るかと思った。

避難小屋に着いた。
ここの写真撮ってないや。(メモリーカードをパソに刺したままという失態を演じ、本体メモリーのみだったので枚数が限られる)
雲取山頂にあったように綺麗だ。
中を覗いてみる。誰も居ないと思ってたら、「こんにちは」って声がして、「ビクッぅ」ってw
人が居ました。今日はココで泊まりだそうで。う~、オイラも一泊とかしてみたい。
しかし泊まれる装備とかなんにもないし・・。
「虫多くないですか?」なんて声かけてみる。
「今日は平日で登山者少ないし、お兄さんのように若い人がたっぷり汗かいてるからここぞとばかりに虫が寄ってくるんだよ」ってw
泊まらない以上、先を急がなくては。
「失礼します」と小屋を後にする。

合間にモヤが薄くなったりする箇所もあるんだけど・・・
それでも、だんだん・・

こういうのって普通?
それとも「駄目だよ引きかえさないと」って?
不安になりつつも前に進む。

途中、パワージェル(梅)を投入
これは、いい。足の疲労度が軽くなって数時間前の状態に巻き戻った感じがする。

樹が茂ってるのも手伝ってかなり暗く、このまま日が暮れるのも早くてすぐに見えなくなるんじゃ?
と恐くなる。
何処からか聞こえるガサゴソと言う音も気になり・・・
なんか視線を感じて山側の樹の間に目を向けると・・
つぶらな瞳と目が合う・・って目が合う!?
鹿だ、鹿。すげえトレラン中に初めて自然でいっぱしの動物に会った。
写真とろうとするも、目をそらした瞬間に「ザシュ!」と猛ダッシュで茂みに入って姿が消えた
なんかちょっと感動。いや、そりゃ鹿くらいいるんでしょ。あたりまえなのだけど。
と、同時に鹿がいるなら熊もいるだろうよ・・と。
何処の山に行ってもだいたい熊に注意って看板見るけど、もちろん今日もそういう看板見てる。
一気に恐くなったりして。

その後もまた前方から音がして、また「ビクッぅ!」って。どんだけ肝っ玉が小さいねんw
なんか居る。今度は進行方向の道の真中に。
また鹿だ。こっちにケツ向けて振り返って見てる。またすぐに走り去っていく。

先を急ぐとなんかいきなり臭い。なんの臭いだかわかんないけど、「なにこれ?」って思うほどの異臭
コレって獣臭いって感じじゃない?動物園とかのような・・
熊が近くに居ると臭いがするって聞いたことあるぞ
鹿2匹のときはこんな臭いしなかったのに。とかもう超ビビりw
心臓バクバクさせながら走る。

ザックで笹や枝を押さえるような感じの半身の姿勢で小走り。
そしたら谷側に右足を踏み外し腿の付け根辺りまでズルっと落ちて軽く股裂き状態w
なぜか「やられる!」と思い後ろを振り返るwも、
別になにも居ない。熊が二本足で立ち上がって「ガオー」なんて事にはなっていないw

見通しも良くなったり悪くなったり繰り返しながら


その後も謎の生物に遭う。昆虫かあれ?
大きさは手の指一本分くらいかな?もうちょっと大きかったか?
手足は無かった。ヘビみたいにうねうねしてた。手足のないトカゲ?派手なミミズ
ビックリするのがその色。
頭側が赤で尻尾が青だったか、その逆だったか良く覚えてないけど・・
なんかテカッてる感じの質感。両生類のようにヌメヌメテラテラした感じなのか、爬虫類のように鱗でそういう風に見えたのか。
こっちも撮る暇無く茂みに入っていった。「な!なんじゃぁ!ありゃぁ!」と松田優作状態になったのは言うまでもない。

帰って調べたらキバビルってやつらしい。
(ちょいグロテスクなので画像とかリンク張ったりするのは辞めとくw)
血を吸うんじゃなくてミミズとかを食うヒルらしい。
画像見ると、青と赤というよりオレンジとか黄色っぽい感じだねぇ。
オイラが見たのは多分こいつだ。
レアなんだってよ。4500円くらいで買い取ってくれるような文章も見かけた。マニア受けの生き物らしい。
ちっ!捕獲しとくんだったか!(って無理!w)

ツチノコ見た野口選手並にいいことあるかなと思ったけど・・
ヒルかよ。

カーボショッツ(レモンライム)投入。
う~ん、やっぱパワージェルの方が効き目が顕著な気がするなぁ。
パワージェルvsカーボショッツではパワージェルの勝ちかな。

奥多摩駅って言う文字が出てくると安心する。

もうちょっとだ。しかし15:58
4時かぁ~、駅に辿り着くまでどの位だぁ?4時半?5時?もっと遅くて5時半?
この頃水が切れた。どっかの水場で汲んどくんだったなぁ。

舗装路から山道への登山口。

遂に舗装路に出た
16:32
頭の中でロッキーのテーマが鳴り響くw
(↑しかし、ここから駅までがまだ結構距離があるという事をまだこの時自覚していないw)
疲れた。もう終わりな感じでいい。あとはトボトボ帰ろう。

しばらく舗装路を歩くと駅の方に続く山道の入り口が。
う~ん、どうしよう。やっぱ山道の方が直線な分早く着くんかな?
しかし、すでに水が切れてて喉というより体全体が水を欲してる
舗装路を歩いてりゃ自販機があるだろうと、舗装路をてくてく。

歩いてると林業の方なのか、軽トラとかワゴンが通る。
3台目の車が、減速しつつおっちゃんが顔を出し、「下まで乗って行くかい?」
おお!なんという善行!!渡りに船だよ!
こっちはもうバテバテでやる気なしモードなので、「おお!ありがとうございます!お願いします!」と即答w
これが16:48

「何処登った?」「どっから来た?」とか話して気のいいおっちゃんで良かった。
友達が小学生か中学生だった頃、同じように山で乗せて貰ったらいきなり運ちゃんに襲われてケツ掘られそうになって必死で逃げたって話も聞いたからw
オイラは美少年でなくて良かったw
このおっちゃんは、良くここでバテた様子で歩いてる登山者を下まで乗せてるんだって。
以前も大学生の8人くらいの集団がいて、そのうちの女の子なんかはもううずくまってたって。
多いから全員は乗せられないから男の子は頑張って歩けって言ったら「もう、僕らも駄目です。限界です(><)」だって。
しかたないから、女の子を下ろした後にまた男の子達を迎えに行って往復したって。
なんていい人なんだ~。
そんな話を聞くうちに奥多摩駅に到着
16:58
車で10分もかかってる。バテてるオイラの足取りならめっちゃ時間掛かってただろうに・・。

「ありがとうございます!助かりました」と何度も頭を下げて
「何か、お礼でも・・・」ってごそごそすると、「いい、いい、そういうんで送ったんじゃないんだよ」って。
「パンとか食べます?wあとは汗でびっしょりのシャツくらいしかないんで」と笑いを誘う発言してみたりw
「いいんだよ、喜んでもらえたなら良かった」と。イカス~、素敵なおっちゃんだよ。
暖かい心に触れとても気持ち良く終われた




鴨沢→七ツ石小屋→七ツ石山→奥多摩小屋→雲取山→奥多摩小屋→七ツ石山→鷹ノ巣山(巻き道)→六ツ石山→三ノ木戸林道
(鷹ノ巣山、六ツ石山は巻き道利用で山頂踏まず)

行動時間:7時間31分(休憩等含む)
約29km
最大心拍数181
平均心拍数160

いやぁ長かった。
相変わらず遅くて時間がかかりますがね。
かなりの経験をする事ができたかなと思えました。
かかと内側に肉刺できた。

やっぱオイラレベルだと、2万5000分の1の地図だけじゃ不便だ。
登山地図持ってないとなぁ。
もしくはもうちょっとリサーチしてコースタイムとか目安になるポイントとか書き込んで使える地図にしておかないと。
ちょっと準備が少なかったなぁ。素人の単独だから尚更だ。

あと、もう少し余裕ある行程でやらないと。
後半は暗くなる前に下りれるのかなと不安になり一杯一杯で・・・。
もうちょっとじっくり見たい所もあったんだけどなぁ。

って事で毎度の事ながら長文駄文失礼しました。
珍道中お楽しみいただけましたでしょうか?w
次は何処行くかな~。

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
!!!
ぶふぉっ!(@_@) すげぇ!長ぇw 記事が(^_^;)
でも更に驚くべきはこの濃厚且つ芳醇でミルキーな舌触りと、噛んだ途端に溢れ出す肉汁の斬新な事!!!
 
写真もいっぱいでたんまりで楽しませて頂きましたよ(o^-')b
存分に楽しんでいる様子がびんびん伝わってきましたよぉ♪!
スパイダーマwのポーズ?の写真ワロタ^_^;
 
野生の鹿とか見たことないよぉ~o(^0^)o 無茶苦茶トレイル行きたくなりましたわ♪
それにキバビルって怪しいねぇ~^_^;、ツチノコとかもほんと出てきそうだねw
 
しかしラストのケツ堀りおじさんの話は怖いねw^_^;気をつけないとねw
でもいいおっちゃんで良かったねぇ(*^-^)o

私も早く海か山紀行行ってこよぉ~っと♪
 
楽しいトレイル記ありがと~ヽ(^。^)ノ いろいろ参考にもなったよ♪
【2008/07/24 14:18】 URL | 心の旅人 #zj.0LZUg [ 編集]


ひでさん、おつかれさま~!
なんだかいろいろあったみたいだけど、ラストのおじちゃんの話で和んでしまいました

バスね~
ゆっちも酔いましたよ、あれ。奥多摩湖が見えてきたからもうすぐかと思いきや
何度も何度もカーブがあってつらいんですよね。うんうん。

キルビルじゃなくてキバビル!?
赤と青のツートンってまるでシューズのよう(笑)

石尾根は雑誌にも出ていたんですか~
ゆっちも今度は挑戦してみたいな。(行って来いのコースだったので。)
【2008/07/24 22:25】 URL | ゆっち #aZZ8c8oU [ 編集]


謎の生物ゲット~~~ って言うかと思ったけど、残念?
虫には私も今回やられちゃいましたから、低山でも2000mクラスでも、お山に入っちゃうと一緒みたいですね。虫除け早速買いましたもの。

なんちゃって、のレベルじゃないって。登山のレベルに来てる?
クマだけは会いたくないですね。
これから日照時間が短くなってくるから秋のトレイルは注意が必要ですね。
お疲れでした~。 で、次はどこ?
【2008/07/25 12:39】 URL | Para #GsbZZxQM [ 編集]


お疲れ様でした~
毎回噴出しながら読ませてもらってますよ~
お山は低くても遭難する人がいるくらいだから舐めたらあかんぜよ~v-40
鹿って意外と気が荒いからこれまた怖いよ~追いかけていかなくてよかった・・
謎の生物・・ヒルですか~~ヒエェェ~~
それにしても虫って頭にくるよね・・追い払っても追い払っても付きまとう・・これが女性なら
オイラ嬉しいでしょうが・・・(笑)
最後親切オジサンに会ってよかったね・・
【2008/07/25 22:59】 URL | 星峰 #rdwG4C.k [ 編集]


●心の旅人さん
ええ、7時間半の行程ですからね~。
一段と長くもなりますよ。
思った以上にいろいろとあったので。

楽しんでもいますがかなり疲れましたよ。
実はあのポーズ、アレ、仮面ライダー・アマゾンをイメージしたのですw野生の人w
スパイダーマンもあんな感じですね。

動物園とか公園とかにいる鹿ならねぇ。しかし自然のままってのはなかなか見る機会無いですよね。
キバビル、まじでビビった。あの姿から想像する以上に、動きが速くて。
しばらく呆然としましたよ、「なに?いまのは何よ!?」ってw
調べるにも何を手がかりに検索したらよいか・・
「奇妙 動物」「奇妙 昆虫」とかで探して見つけたときは「キター!こいつだっ!」ってw

ケツ堀りおじさん、怖いね。
女性とかも気をつけないと、女性単独で襲われたら山ん中じゃどうしようもないよね。
本を読むに「山を愛する人に悪い人は居ない」なんて甘い事は最近は言ってられないようです。

オイラは、いいおっちゃんに出会えて良かった。

オイラにも旅人さんほど脚力があればもっともっと冒険できるのに。
地道にちょっとずつこなしていきます。

------------------------------------------
●ゆっち
ね、ラストのおっちゃん、超嬉しかったよ。
この逸話はかならずブログで報告しないと!と「乗って行く?」って言われた時点で思いましたw

学生の時、九州は熊本の久住連山に行った時の「やまなみハイウェイ」これが右に左にとカーブを繰り返す道でしこたま酔いました。
小学校の時も修学旅行で熊本城の門の所で吐いてゲロ撒き散らしましたw
城門にゲロってばちあたりな(^^;)

そん時事とか思い出しちゃったよ。
峠とかを車で行く時には要注意だね。バスの行程があるときは酔い止めの薬が必要かもw

キバビル・・・そう、キルビルみたいな、響きだよね。
思わずキルビルのテーマ曲、布袋の「エレクトリック・サムライ」が脳内に流れましたw
そうそう、オイラのシューズのカラーと被る。被らんでいいちゅーねん。

鴨沢-雲取-石尾根-奥多摩湖のコースは、登山者は1泊2日の行程だからね。結構長いよ。
オイラも今回は巻き道つかって、鷹ノ巣山とか六ツ石山の山頂は踏んでないので・・。

鴨沢行って来いが丁度いいんじゃないかなぁ。
仲間と行って食事とか飲みとか考えると。
あんまり長いと疲れるし、残る疲労も・・例によって筋肉痛で死にそうでしたw

-----------------------------
●Paraさん
謎の生物ゲット~は無理っ(><)
まじグロテスクで固まっちゃったから。
虫除けスプレーとか足に吹き付けて効きますかねぇ?
あの手の商品を使ってもフツーに蚊は足に張り付いて吸われまくった記憶があって・・。
当時のはあんま効果がなかったようで、今回は使わなかったのですが。
最近はいいのが出てるかな?

トレイルランとしては相変わらず、なんちゃって、ですよ。走ってる部分が少ないし。
でも今回の山自体はいっぱしの登山って感じでしたよ。

クマは恐いねぇ。男として生まれた以上、「熊殺し」のチャンスがあるならば・・と思いw熊避けの鈴は使ってなかったですが。
実際、「ココは熊出るかも」ってほんとにビビってしまう雰囲気に飲まれると、頼むから出るなよ~と。

次はどこかねぇ。「高尾-陣馬」のコースを見ときたいなぁ。

-----------------------------
●星峰さん
お楽しみいただけましたかw
今回は、いろいろ合って特に印象的な山行になりました。
低くても油断すると、危険な目にあいますね。

鹿、追いかけませんよーw
鹿せんべいを求めて寄ってくる鹿とは違いますからねぇ。

ヒル、最近は問題になってるようで。今回オイラが見たヒルの仲間が高尾山でも出てたり、ヤマビルが増えて大変なのだそうです。

虫ねー、ブンブンうるさいし、走ってる時は口に飛び込んできたりするし、面倒臭い。
そう、付きまとうのが女性ならね。女でも包丁もって追いかけてくる勘違いのストーカー女では困りますがw
親切オジサン、最高です。
【2008/07/26 00:39】 URL | ひで #- [ 編集]


お疲れ様です。今回はハードでしたね。さすがにこれはわたしにとっては上級編です。
あと、まったく関係ないんですが、2,3日前この記事を見たとき、カウンターが
11111となってたので、こりゃ記念になるかなと思ってデジカメにも撮ったのですが、
よく見たら17711でした(笑)1と7の区別が分かりづらかったです、、、(^^;
【2008/07/27 11:40】 URL | hime #- [ 編集]


ひでさんの手探り感のあるトレイルレポートには共感することが多いです。
私もいろいろ行ってみたいんですが,万が一を考えるとちょっと構えちゃってますね^^;
けどこの夏はどこか行ってやろうと思います。
【2008/07/27 23:23】 URL | yas #- [ 編集]

雲取山お疲れさま!
雲取山てトレッキングでもメジャーだし、
結構、山の雑誌とか見てるとコースタイムとか厳しいのにチャレンジャーですね。

ヒルとか嫌だけど鹿は会ってみたいです。でも途中の臭いは熊?かな?
熊鈴持っていたのかな?

おととい、陣馬山~高尾行って迷ったけど、
やっぱコースタイムが入っている地図は必要ですね。
緊張感がこちらにも伝わってきました。
【2008/07/28 01:01】 URL | 事務局A #U37l7SqA [ 編集]


●himeさん
かなりハードでしたね。
でも、道自体は全然歩きやすく良かったですよ。
奥武蔵野の低山をいくつか繋げて回る方がよっぽどタフな気がします。

あ、たしかにこのカウンター1と7の区別がわかりにくいですね。
そうやって「切り番ゲットォ~」って声を上げてくれたら良かったのに「11111」の時は音沙汰なしでした・・。
通りすがりの人だったかな。
よくコメントくれる人なら、報告してくれそうだからねぇ。

---------------------------
●yasさん
「手探り」・・まさにそんな感じですよ。
まだまだ地に足が着いてないというか・・・。
素人まるだしです・・w

万が一と考えるパターンがめちゃくちゃ多いのですよね。
あんな事やこんな事が起こっても全部自分で切り抜けなくちゃいけない・・・って、二の足を踏んじゃいますね。

地図とガイド本で妄想、脳内登山を重ねつつ、「あ~、もう我慢ならん!イクッ!」って勢いを利用して行っちゃいますw
yasさんほどの足ならどこでもいけるでしょー。オイラは何処に行こうが常にバテバテw

---------------------------
●事務局Aさん
なにやら雲取山には憧れが強くて、行きたかったのですよ。

道は良く踏まれてて歩きやすいかったけど、行程は長かったですね。
でも夏場はあんまりラン出来てないので、今回はほんとにチャレンジのつもりでしっかり追い込みたいと腹をくくって臨みました。

ヒルは、もう勘弁って感じですw
鹿はまた見たいな。臭いのは・・・熊なのかな?
よくわかんないけど、本能的に、いやぁ~な感じがしました。
熊鈴持ってなかった。即、買おうと思いましたw
別に100円ショップで鈴買えばいいよね?まさか普通の鈴と出る音の周波数が違うとか?w

登山地図は、「山と高原地図22・奥武蔵・秩父」しか持ってなかったので・・
今回必要だったのは「23・奥多摩」でした。
2万5000分の1の地形図をカシミールからプリントアウトしたヤツを持っていけばいいや~と、楽観したのが間違いです。
まだまだエスケープルートとか周りの状況を見るためにも登山地図は持ってないと不安だって事がわかりましたw

ほんと、緊張感バリバリでした。
日没までに下りれなかったら、ライトも持ってなかったので、もしかして人里を目の前にしてこんな所で朝までビバーク?
ブレーカーとか着替えとか持ってるもの全部着れば寒くないかなぁ?とか寝てる時に熊来たらどうする?とかそんな事まで考えてビビリましたw
【2008/07/28 01:47】 URL | ひで #- [ 編集]

熊鈴
追記です!

熊鈴はショップに行くと、ネットと磁石がついたの売ってます。
必要のないときは磁石につけて音がでないようにできるので
専用のほうが良いと思うよ。

まあ、家からリンリンいくのもカワイイかもしれないけど。。。。
【2008/07/28 10:01】 URL | 事務局A #U37l7SqA [ 編集]


先日、ひでちゃんのブログを読んで、私も雲取山行こうと計画しました♪
案外長い距離だから確かにちょっと不安だよねー。
で結局違う所にしちゃったんだけど、今年のうちに是非一度行こうと思っています♪
確かに奥多摩はバスを使うのが面倒でいやなんだよねー^^;あんまり本数ないし。。
だから駅からの山へのアクセスを色々考えてるんだけど距離が長くなったり、
短くなりすぎたりと難しい。。。
前ブログに書いたんだけど、熊に金棒もいいみたいだよ!
ねじ込み式でねじを緩めておくと音がしない。山友で数人持っています。
私も熊鈴かおーっと♪
ビクゥーーーってするのわかる!私も一人だとビクゥーーーってし続け^^;
【2008/07/29 08:27】 URL | かおちん #cwHBdaMk [ 編集]


●事務局Aさん
あ~、なるほど、鳴って困るような時に音を出さないように出来るのですね。
そのうち山小屋とかに泊まる事もあるかもしれないし、寝てる人を起こさぬように早朝こっそり起きる時とかも、チリンチリン鳴ると反感買いますね。

聞いといて良かった。
必要ないときに「あ~、もう!うるさいねん!」って引きちぎってしまう事になってたかもねw

-------------------------
●かおちん
雲取山はいいね。ほかのコースも走ってみたい。
登山口に辿り着くまでが遠いけどねぇ。

バスの行程が入ると途端に面倒に感じる。
甲武信ヶ岳、国師ヶ岳、金峰山なんかの奥秩父にも行きたいけどもアクセスがあんまり良くなくて・・。

「熊に金棒」・・なるほどこういうのもあるんですね。
ふふふ、こりゃ自作だな。

ビクゥーってね、小心者ですオイラw
【2008/07/30 00:33】 URL | ひで #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://darudarunikki.blog59.fc2.com/tb.php/325-2100e0bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。