足の向くまま気の向くまま
思いつくまま気の向くまま!な感じの日記!!運動が嫌いだったのにジョギングを始め汗をかき息を弾ませる事の気持ち良さを知るwで今度はロードバイクに興味を持ちボチボチと走っております。
FC2カウンター

プロフィール

ひで

ひで
関東在住・30代・男性
2006年9月よりジョギングを始めました。
フルマラソンを3度、10km、ハーフなど幾つかの市民大会に参加。
2008ツールドフランスのダイジェストをNHKで見て「オイラもロードバイクに乗る!」と2009.1月にオークションで古い中古のロード買って乗り始めました~(笑)
耐久、ヒルクライム、サーキットでのホビーレースなんかにも参加して行きたいです。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道志みちを通って山中湖
例によって休みなぞ取れないゴールデンウィークの鬱憤を晴らすべく5/14にロングライドに出かけた。
芦ノ湖に続き湖シリーズ(?)第二弾としてw
行ってきました山中湖。道志みちを通って山中湖に行くと片道95km程度。往復200km位。
登りありの200kmならオイラにはボリューム満点でしょーと言うことで。

山中湖まで辿り着いて、そこから欲を出して河口湖まで行ってみて
さらにそこから道を間違えて遠回りをし、結局247.8kmを走る羽目にw
期せずして最長記録。

結果的に今回のルートはこうなってます。


こちら高低図


事前にルートラボで自宅~山中湖までのルート作成。
んでiphoneから閲覧しつつ走る。
平坦、登り、下りが把握できて走れるし、すばらしく便利ですなー。

暗い内から出発して、まずは橋本目指す。吉野家wで朝飯食って腹ごしらえ。
津久井湖を経て
①413号・青山交差点

さあ、ここから登りです。ドMなコースに轟沈か!?w

こ~んな景色見ながら走っていくのです。


いやぁ、癒される。ちょっとした登りでもハァハァと息を荒げるオイラですが・・・w

途中、下りが入り登り直しがあったりしつつ延々登って行きます。

②道の駅・どうし
ここバイカーさん達が沢山休憩しとりました。
オイラも一休みしますw
この辺でもう登りは充分な感じでしたがw

ソフトクリームうま~。

最後の方、コーンをガブッとやると溶けて溜まってたクリームが流れ出て「なんじゃこりゃ~!w」
手についてベタベタ(><)

道志村はこれまた最高に景色が良かった。渓流釣りしてる所辺りなんか素晴らしかった。
疲れてきて写真撮るの面倒になってきて(iphoneのバッテリーも心配だったし)
このあたりの写真撮ってない辺りが悔やまれますが・・・。

さてここから斜度がきつくなる所、山伏峠です。
途中足つきしましたw
ピークの山伏トンネルに辿り着き、脳内でロッキーのテーマ(戦い終わった後の奴ね)が響き渡るw

「トンネルを抜けるとそこは山中湖村だった」
トンネルを抜け出た瞬間、ひんやり。なんか空気が変わりました。
そこから湖に向けて下りだったので肌寒いくらい。
突如姿をあらわす城みたいな建物。

ヨーロピアンカフェ・グータンだって。ふ~ん、洒落てるなぁw

んでそっちに気を取られてたりして気付かなかったけど前を見たら

富士山ど~ん!!!おおお!!デカッ!富士山でけぇ!!
しかし、雲かかっとる。
遠くから水色のシルエットでしか見たことないから、実感湧かなかったけどw
この辺りまで来ると山肌まで見えて、えらく感動。

③山中湖
山中湖到着。

ランバ・ラル号+山中湖+富士山のコラボレーションw
しかし上記のも含め写真のクオリティ低くてがっかりだな(><)

ルートもここまでしか作ってなかったし、折り返しで来た道帰ろうかとも思ったけど・・・。
でもやっぱり別の道を通って帰る方がいろんな道を知れるし、河口湖まで行って20号側に降りて帰ってくるかと予定変更。
数時間後には後悔する事になってる訳ですがw

マリモ通りを通って河口湖方面に。

この辺りで見た山中湖越しの富士山が素晴らしくて。
走りながら何度もちらちらと目を向け感嘆のため息。
なんだか、よく解らないがその姿に感動して、頬を涙がつたったw

よく聞く富士吉田がこの辺かぁとか、富士急ハイランドとかこんな所にあるんだと思いつつ河口湖到着。

④河口湖大橋





さて、もう充分堪能したと言うことで帰路につく。
とにかく北に行けば20号に出るんだろーと思いこみ、せっかくiphoneあるのにちゃんと確認しなかったのが運の尽きw
139号で都留-大月ルートを下るつもりで居たんだけど、何を思ったか大橋を北に行き137号で20号に入るルートを走ってたw
広域地図見れば気付いたんだけど、詳細地図のままにしてスクロールしながら見てたから・・・。
いったん富士吉田まで戻る感じで139号に入らないといけなかったんだなぁ。

20号側に下って行くだけでと思ってた。けど、先には山が見える。
大橋から見えてた山が近くなってきて道は登りになっていく。
もしかして山越えしないと駄目??

ホウトウの店がいっぱいあるなーなんて思いつつ進み、ひぃこら言いながら登ってく。

先にトンネルがあるよう。脇に登って行く山越えの林道のようなコースもあるみたい。
トンネルに着く前に工事で片側通行の区間が。
「トンネル自転車で通り抜けできますか?」って聞いたけどわからないって。とりあえず行ってみるしかないなぁって。

⑤御坂トンネル
で辿り着くと「歩行者は御遠慮下さい」って。一段高くなってる歩道でもあればトンネル徐行で抜けるんだけど。
それもない。では脇の旧道から山越えかと思って目を向ければ「通行止め、山頂までしか行けません」って。
トンネルに特攻かけるしかない訳ですね。白線があってゴミ埃たっぷり的なせまい路肩、車道の端を行くしかない訳ですね。
車に怯えながら3kmの狭いトンネル、恐怖です。

幸い手前で片側通行になってたので一通り車が通り過ぎて一旦途切れる所を見計らい、今だ!と突撃!w
反対車線を通している所だろう、しかしすぐにこの車線の方の車が登ってくる。
あわよくば車が流れ出す前に抜けれないかと頑張ったもののすぐに後ろから車が迫ってくる。
普通の道路でもダンプ怖いのに、トンネル内ではなおさら。冷や汗ものトンネルを抜けてホッとする。生きて出れたよw
ここから下り。

この御坂みちの下りは気持ち良かった。時速56.7kmをマーク、うはっ脚、停めてるのに。回してなくてこれかよw
制限時速を守りましょうと言う事でこの道路の50km制限を意識してこのあとは自重して下りました。
腹減ったので若宮の交差点、コンビニでスパゲティ買って食う。
iphoneで地図を広域に変えると「???はっっ!!な、なんじゃこりゃ~!!なんでこんな所に居るの!?」
ここで初めて思ってたのと全然違う所に居る事に気付くw(←馬鹿過ぎ)

⑥20号・上岩崎原交差点
ショックを引きずりながら上岩崎原交差点より20号に入る。

やっと20号、ここから八王子までこの道1本でしょ。山の合間に居るから下り基調だと思ってた。
これがまた誤算w
登りになってるぞ、この道。ヘロヘロでペースも上がらん。
どの辺だったか、「八王子まで70km」の表示を見てそんなにあるのかと凹む。
コレじゃあいつ家に着くか解らん、日がくれるじゃないかぁー、と泣きべそかきながら走るw

もう無理ーとか思ってると道の駅・甲斐大和。どこ迄登り基調なんだよーとルートラボで調べてみる。
すると今いる所がピーク 、この道の駅の先に見えてるトンネルを抜けると下りに入るようだ。
まだまだ八王子に向かって登りが続くようなら、輪行袋を持たないオイラはゴミ袋を買って
噂のゴミ袋輪行にて電車で帰るというリタイヤ、撤退を考えてたけど下りなら大丈夫。
疲れた時の登りでのペースの落ちようは半端無いのに、下りなら結構普通に走れるから。

⑦新笹子トンネル
2度目のトンネル、ここでは「歩行者、自転車にお気をつけ下さい」って書いてある。
ガンガン踏んでるつもりなのにサイコンの示す速度25km…
進まねぇー。か、風がヒョーって。トンネル内の吹き抜ける向かい風の拷問w
なんとかトンネルを抜け視界が明るくなり気分は晴れ晴れ。

こっから下りだろーと。「八王子まで◯◯km」の数字が減って行くのに手応えを感じ
⑧大月
本来なら富士吉田からここに下りてくるはずだったのにw
御坂トンネル(御坂峠、御坂山)と新笹子トンネル(笹子峠)への登り追加とか・・・w
山中湖までの道志みちで充分だったのに。

⑨相模湖
脇を走ってたはずなのに湖面を見た記憶がない。
見えてたけど気づかなかっただけかな?それ共20号からは見えない?

更に進むと東京に行くほど賑やかになるんじゃないの?という気持ちとは裏腹に景色が寂しくなって行く。
しかも登ってるよ。明らかに登りだ。なんぞ?ここにきて山越え?峠とかの文字、嫌な予感。峠越えだとぉ。
⑩大垂水峠
もういらないってそんなの。もう疲れてる、家まで下り坂、追い風、信号なしの一本道でいいですw
リュック背負ったツーリングというか旅スタイルな感じの2人の自転車乗りに「ピークはまだ先ですかねぇ」なんて話しかけ、
「まだ登り続く」みたいな返答に意気消沈しつつ登る。サイコン10kmでキコキコ登る。
もう無理ーって思ってるとドーン!「大垂水峠」の標識。おおお、ここがピークなんじゃね?聞いた事ある峠だし。
やったどーと下って行く。

⑪高尾
だけどさっきの自転車の人が高尾山通るとか言ってたので、このまま進むと高尾山まで登らされるルートじゃないだろうなぁーと
びびってたけど高尾山口の前を通るだけで済んで良かった。ここまで来ればもう街乗りなんで安心。

東京、神奈川、山梨をまたぎ、オイラ的にはもう、凄い大冒険でございましたw
247.8kmまで伸びてきましたからね。300kmチャレンジもそろそろですか。
目指すは日光辺りになろうかと。

2010/5/14
走行時間
11h40'
走行距離
247.8km
平均速度
21.2km/h
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://darudarunikki.blog59.fc2.com/tb.php/418-edab96e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。