足の向くまま気の向くまま
思いつくまま気の向くまま!な感じの日記!!運動が嫌いだったのにジョギングを始め汗をかき息を弾ませる事の気持ち良さを知るwで今度はロードバイクに興味を持ちボチボチと走っております。
FC2カウンター

プロフィール

ひで

ひで
関東在住・30代・男性
2006年9月よりジョギングを始めました。
フルマラソンを3度、10km、ハーフなど幾つかの市民大会に参加。
2008ツールドフランスのダイジェストをNHKで見て「オイラもロードバイクに乗る!」と2009.1月にオークションで古い中古のロード買って乗り始めました~(笑)
耐久、ヒルクライム、サーキットでのホビーレースなんかにも参加して行きたいです。

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレイルラン-顔振峠
今日は仕事休み。
持久系のポイント練習の日。
晴れてるからトレイルラン行こう!

例によって今回も初心者向けハイキングコースから物色。
無論、アクセス便利な西武沿線で。
前回は「高麗駅→日和田山→物見山→北向地蔵→鎌北湖」を往復した。距離約13キロ
今回はもう数駅先の吾野スタートのコースを選んだ。
「吾野駅→顔振峠→諏訪神社→越上山→ユガテ→五常の滝→武蔵横手駅」今回も距離約13キロ


ハイドラパックに水を2L弱ほど入れてザックに装着。
ランニング用の半袖ハーフジップシャツ、ハーフパンツを詰め込んで出かける。
靴は前回、GT2100を履いて行ったけど、そんなに汚れなかったしやっぱりフィットしてるシューズの方がいいだろうと今回はGrid Type Aを履いて行った。
さっさとトレイルシューズ買えば何の問題も無いのだけど。
吾野駅のトイレで着替え。着ていたポロシャツとジャージパンツをザックに入れて行く。

最初のポイント顔振峠を目指し、駅から山道に入る前の舗装路を登っていく。
結構、きついんですけど、アスファルトの上り坂。
同じ起伏のある道なら山道の方がいいよ。なんか楽しいから。
アスファルトの上りは退屈。長めの舗装路を抜けてやっと山道に入るという所で愕然とする。
小学校の遠足らしい集団。が~ん、またコレかよ。前回も幼稚園児の遠足に出くわしたがすんなり脇を通れて問題なかった。
しかし、今回は違う。人数が多すぎ!しかも、道狭い所が多く後ろから先頭まで延々と小学生の脇を抜けて行く事はほぼ不可能。
見上げれば道を埋め尽くす小学生の列がまるで蛇のように続いている。山道延々と大渋滞。
ここは走るの諦めた。もともとかなり急で走れる所も少ないし。しかし歩くにしても先がつっかえていて中々先に進めん。
立ち止まってばっかり。

目の前でズルズル滑っては転ぶ小学生。あ~あ、女の子のピンクのパーカーが泥で汚れて大変。
へばってる彼女のパーカーを持ってやる優しい友達。
「せんせ~、疲れた~、休も~」とせがむ者、「来なければ良かった」と愚痴る者。
「ちょっと疲れたけど、さっき少し休んだから全然大丈夫!」と元気良く登っていく者。
自分のクラスからはぐれて置いて行かれ泣き出す者。自分のクラスを引率するのに手一杯でその子の対処に困る先生w
観察してると面白かった。「こんにちは」と挨拶しながら抜いていくと返って来るおびただしい数の「こんにちは」との返答w
リズミカルにトントントンと走って登って行くと、後ろから聞こえる「すげー」「速ぇー」って子供達の声が気持ち良くw(←馬鹿一号)
ちょっと広めで抜ける所で抜いてみたけど、ひとつの集団を抜かすとまたすぐに前方に現れる集団。
ウンザリして、子供の列に並んで歩いて着いて行くw

顔振峠・摩利支天からの展望


そしてやっと顔振峠の展望台につくと別の学校の生徒が先にいて、シートを敷いてお弁当食べてる。もはや場所もなく、一列に順番に並んで眺めのいい所に進み出て、景色を数秒見て下がっていく。

あらら、せっかく来たのに、ゆっくり出来ずにかわいそうに。
少し下った所の広場で集合してる生徒達の横を抜けて次のポイントを目指す。
さあ、やっと気持ち良く走れるぞ。

顔振峠の舗装路部分を抜けて山道に入るとここは走りやすい

諏訪神社で、手を合わせ次のポイント越上山に。神社では写真撮り忘れた。
山頂までは岩が多く急。
山頂手前の展望のいい所からパチリ。



でかい岩。コレを越えるとすぐに山頂。しかし、この岩の左右はいきなり崖に近いような急斜面なんですけど。

滑落したら大変だ。
山頂、狭いし別になんにもない。写真とってすぐ降りる。


つぎのポイントはユガテ。いろいろな花が咲き揃う季節には宝石箱のようだと例えられる集落だそうで。

普通の民家の庭先を抜けていくハイキングコースって微妙に違和感w

そして次は五常の滝。
ユガテを抜けてからは道がぬかるんでる所が多い。
流れてくる小川の水の綺麗な事。水が溜まってコップが置いてある所もあった。
顔洗ってちょっとスッキリ。

倒れた木に苔生し、もののけ姫の木霊達が出てきそうな雰囲気。

山道を抜けて舗装路を下ってると一瞬視界に入った木に貼り付けてある紙。

え、ここから入るの?随分とチープな案内板w

舗装路のくだりだったし結構なペースで走ってたから、危うく見過ごして通過しちゃう所だよ。
アレ?って振り返って見つけたんだもん。
それて脇道に入る。少し引き返すような感じで登ると・・

小さいながらしっかりと「滝」って感じ。

足元の石は苔でかなり滑りそう。


こっから武蔵横手の駅まではひたすら舗装路の下り。

ここはキロ4'40くらいのペースで気持ち良く降りてきた。
小川と平行してる道だから、水の流れる音を聞きながら。気分爽快。

駅のトイレで着替えて、帰る。電車は1時間に2本だ。
池袋、所沢、飯能方面のホームに入って来た電車に乗ったのだけど、「ドアが閉まりマース」と放送が聞こえてきた時に反対側のホームに入って来た電車、飯能行きになってる。
「あれ?なんかおかしいぞ」と困惑する間にドアは閉まり、そして秩父方面に進んでいくオイラが乗った電車。
「え?え?なんで?!」
次の駅ですぐに降りて乗ってた電車は秩父行きなのを確認。なんで、秩父行きが池袋方面って書いてあるホームに入り、飯能行きが秩父行きって書いてあるホームに入ってくる訳?
逆じゃん!そんな罠を仕掛けるなっての!w
乗り換えて帰路につく。

今回は前回ほど疲れてない感じ。
最初の登り部分が歩き通しだったからねぇ。
相変わらずトレイル"ラン"にはなってなくて、急いでるハイキング状態だけどw
走るには適さない所も多いけど、いろいろと自然を見ながら走ったり歩いたりで楽しいね。

●10/5の走行距離約13.2キロ
行動時間3時間26分(休憩等すべて含む)


↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

約40キロのマラニック?
今日は持久走の日。
市街地マラニックのつもりで遠出する事に。
以前3/3に走った40キロ近い距離のマラニックと同じコースを再度走ってみる。
254号・川越街道を走るコース。


途中エスケープの事を考え、バスや電車で帰る事になった場合の事を考えザックに着替えを詰め込む。
ハイドロパックに水1.5Lくらい。おにぎりとパンも。
まあ、市街地走るんだから、その都度買えばいい事で、別に背負って走ることも無いんだけど・・。
ハイドロでの給水は楽チンだし。
でも結構重いんだよねぇ。これだけ詰めて走ると。
トレーニング負荷になると思って走るけど。

しかし今日は暑かった。
3月に走った時はジャージ。
今回はノースリーブシャツに短パン。
日差しが強かったから、キャップとサングラスも着用した。
暑くて、やっぱ、いつもの周回コースのLSDにすれば良かったかなと後悔しつつ走る。

「本郷三丁目」の交差点で折り返すつもりが間違って「春日町」交差点で折り返しちゃった。
前走った3/3の時は、行きが19.9キロ タイム:1時間57分31秒(1キロ平均5'54)
今回は19.3キロ タイム:1時間59分42秒(1キロ平均6'12)
あの時よりほんの少しだけど距離が短いにも関わらず、今回の方がタイムが遅い。
やっぱこれは気温のせいか。
公園のベンチで給食&しばし休憩して帰路につく。
マラニックといいつつ何をするでもなく只、行って帰るだけw

帰りはほんとにきつかった。
途中ハイドロパックの水を飲み干して、カラ。やばい、あと1時間くらいは走ってなきゃならないのに。
水も切れ、飴とかゼリーとかも持って行かなかったからガス欠。
キロ7分前後のゆっくりペースなのに心拍160台後半から落ちてくれない。
もうバテバテで歩いてしまった。
途中、ドラッグストアに入って、アミノ飲料500mlとアミバイタルゼリー速攻パワーを買ってゼリーは即摂取。
この店、ゼリーも冷やされてた。ひんやりゼリーで少し息を吹き返し、また走る。超スローペースだけど。
かなりの距離を歩いてしまった為帰りは大幅に時間がかかってしまった。
前回は19.3キロ タイム:2時間6分32秒(1キロ平均6'33)だったのに
今回は2時間33分29秒(1キロ平均7'57)
ありゃ~。まあ、前回は信号待ち以外は走り通してるから、この差は当然か。

行きは信号待ちでストップウォッチを止めてます。
帰りは止めたり止めなかったり。もう歩いてたから、タイムはいいやって。

長い距離を走ってみる度に、「こんなんでフルマラソン完走なんて出来るのかよ」って不安になる。
LSDペースでこんなに疲労困憊で余力無いのに、レースペースで走り切るなんて不可能に思えてくる。
どうなるんだろうなぁ。

●9/25の走行距離38.6キロ
タイム:4時間33分11秒

往路:19.3キロ タイム:1時間59分42秒(1キロ平均6'12)
復路:19.3キロ タイム:2時間33分29秒(1キロ平均7'57)(途中かなり歩きあり)

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

トレイルラン・・かな?
今日は仕事休み。
天気悪いのかなと思ってたけど、晴れてたからトレイルラン決行。
初心者向けハイキングコースから良さそうな所を以前より物色してた。
最寄駅は西武池袋線なので、基本、西武沿線で。よって奥武蔵の山に挑む。
奥武蔵の玄関口は、飯能の多峰主山、天覧山あたりかな。
でも、舗装路が多くイメージする山の小道が少なそう。
トレイルのコースとしては物足りないんじゃないかなぁと思ってみたり。
で、高麗駅から日和田山、物見山などを経由していく奥武蔵自然遊歩道を行く事にした。
分岐点の案内もしっかりしてて迷う事もなさそうだし。

ハイドラパックに水を入れザックに装着。ランニング用のノースリーブシャツ、ハーフパンツを詰め込んで出かける。
靴はやっぱりGrid Type Aは泥で汚したくないのでGTを履いていく。
高麗駅についてトイレで着替え。着ていたポロシャツとジャージパンツをザックに入れて行く。
必要なものだけにして、他はコインロッカーに置いておこうかとも思ったけど、折り返し往復せずに別の駅に下りるルートにしたら荷物取りに来るの面倒だから全部ザックに入れて行く事に。

予定のコースはこんな感じ。
高麗駅→日和田山→物見山→北向地蔵→鎌北湖

西武鉄道発行の奥武蔵ハイキングマップによると6.6キロ、標準歩行時間2時間25分。
往復すれば、13.2キロ。疲れて「無理~」って思ったら適当な所で折り返せばいいし。

高麗駅出発。11時。
登山口までは、無論、普通に舗装された道を行く。
ここから山道。

最初から結構な勾配だねぇ(^^;)
いきなり心拍上げながら、小走りに上がる。キツっ!
はしゃいで駆け上がったりしたもんだから一瞬心拍数191を記録w
いかん、死ぬw坂を上がるのは恐ろしいね、すぐに心拍上がる。

歩いたり走ったりしながら行くと分岐がある。

左に行くと急な岩場の坂、男坂。
右に行くと緩やかな女坂。
とりあえず走りに来たので女坂の方へ。

女坂登って、金刀比羅神社の方へ。

結構な岩場の道だよ。慣れた人はこんな所、シュタシュタと駆け上がったり出来るの?

金刀比羅神社


この神社からが今回一番見晴らしがいいみたい。



神社過ぎると日和田山山頂



山頂からちょっと下り。

結構、急だよ。こんな所も駆け下りれるんかなぁ。
根っこに足引っ掛けて転がり落ち死亡・・・なんてなったら恐いねぇ。

NTT無線中継所、高指山の脇を通り少し舗装された道路を走る。
トイレ(汚かったけど)や自販機あり。

物見山

ここはあまり展望がない。


杉やヒノキに囲まれた尾根道

ここは気持ち良く走れる。猛烈Bボタンダッシュ!w

北向地蔵

この周囲で遠足中(?)の園児がお昼食べてた。

細い道。写真左は斜面。軽く走って下ったけど、つまずいて斜面に転がり落ちたら大変だ。


遊歩道の始点(終点?)鎌北湖

おっちゃんが釣りしとる。いいなぁ、オイラもやりてぇ。

見てる間に釣れたよ。対岸でも釣れてた。

しばし、おっちゃんの釣りを眺めてた後に来た道を戻る事に。
北向地蔵では園児たちが出発する所だった。腹へってきたので物見山手前の休憩所でおにぎりとパンを食べる。
来た道を戻ってるつもりが男坂女坂で逆から出てきたり。あれ?ってw
高麗駅まで、戻ってきたのは2時過ぎだったなぁ。2時15分くらいだったかな?
2Lいれたハイドレーション、1Lちょっと余ってた。重いわw
途中、自販機あったし、ザック背負わずにボトルポーチでも大丈夫そうだな、ここ。

とりあえず、トレイルランを経験してみました。
客観で見るとトレイルランって言えないかもねw
ちょっと急いでるハイキングって感じかもw

まだ、不慣れでかなり恐いというか・・
転んだり、尻持ちついたりとかは無かったけど、
ズルって滑って、「大丈夫?気をつけてね」ってハイカーに声かけられたり、
足をグリッて捻りそうになったのが何度か。
下りで走るときなんか、勢いついてスピードをうまく殺せずに脇の斜面に突っ込んだらどうしようとか考えて恐くなったり。
「ルパン三世カリオストロの城」での屋根を駆け下りるあのシーンが思い浮かんでw
わ~、って悲鳴あげながら崖に落ちていくオイラ・・みたいなw

あと、靴。やっぱ、トレイル用の買わなきゃ。
グリップいいやつ。で、フィットしてるやつ。
今日は、靴の中で足が滑ってやばかった。
思ったより汚れなかったから、今度はGrid Type A履いて行くかな。

広域で見ると、オイラが走ったのは奥武蔵のほんの入り口

そのうち、伊豆ヶ岳や武甲山を走れるようになるかな。

足の筋肉や、バランスをとる為に上体もかなり使うしトレーニング効果は凄そう。
森林浴的な気持ち良さもあるし、なんか楽しいし。
いいな、トレイル。また来週も来るかなw

●9/13の走行距離13.2キロ


↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

約40キロのマラニック(?)
今日は休みなのでLSDの日です。
いつもの周回ぐるぐるではなくマラニック気分で遠出してみようと。
30キロ強は走れるようになってきましたからね。
周回はLAP計れる分、都合いいんだけど、おんなじ所回るの飽きてくるしね。

で、かねてから走ってみようと思ってたコース、「254号を始点まで走る」に挑戦。
スタートは自宅付近の交差点から。
埼玉・朝霞「税大研修所前」の交差点から256に入り、文京区「本郷三丁目」の始点がゴール。

距離にして約20キロ。往復すれば、約40キロ。
一日で走る距離としては最大距離の更新となります。
でも片道だけで力尽きた時の為にリュックに着替えも入れておいて電車で帰るという選択肢も残しておく。
往復する場合は、向こうで軽く食事をとってしばらく休息をとって足を休ませると。
つまり40キロぶっ通しではなく、20キロ×2本って感覚で。
往路は目安2時間、復路は疲れてるだろうから途中歩いたりってのも自分に許可してあげる。

リュックに着替え、軽食(サンドイッチ、ジャムパン、豆大福)、水を500mlペットボトルで、アミノバイタルゼリーをつめて出発。
リュックを背負って走るの初めてだけど、結構大変。揺れとかはそんなに気になったりはしなかった。
トレイルランニング用のリュックなので体にいい感じフィットしてくれたから。
通気性を考慮されてるとはいえ、それでも背中は汗びっしょりになりました。
あと重さ。そんなに沢山詰め込んだって感じではないのに結構、膝や腿に感じる衝撃がいつもより多いように思える。
これは負荷をかけた、いいトレーニングになりそう。
池袋まではチャリで走ってみたことがあるんだよね。だから往路は意気揚揚と。
途中にあった公園に立ち寄ってリュック下ろしたら背中の汗でインナーもジャージもリュックのパットもびっしょり。
こんなに濡れてたのかと。それでもそんなに不快に感じないんだから、吸汗素材のハイテク技術は凄いもんだね。
水飲んでほっと一息ついてまた駆け出す。道中、結構起伏があった。これもいい刺激だね。
弱点は街中を走るから、人の往来が多いのと、排気ガス吸いまくりwな所かな
川越街道から春日通りって呼ばれるあたりを過ぎてから「本郷から○キロ」って表示があったから、カウントダウンしてる感じで走れた。
大体目安通りの2時間弱で到着。


しかし、かなり疲労。ちょっと戻った所にある東京ドームシティで休憩する事に。

ベンチに座って、持ってきた軽食をとり、リュックからウインドブレーカーを取り出し羽織って、そのまま座ったままウトウト。
本気で寝ちゃわないように気をつけながらw


電車で帰らずに走って帰ろうと決意。復路は「春日町」交差点スタート。
「本郷三丁目」についてから「春日町」を出発するまでは2時間近く間を置いたかな。食事、休憩、そして東京ドームシティ内のSHOPをぶらぶら見て回ったりしたから。
来た道を戻って走ったけど、キツかったぁ。ラストはほんとにしんどかった。ゼリー飲みながら飴舐めながら動かない足を騙し騙し前に出して進む感じ。
家に戻ってソファにへたり込んだ。フルマラソン完走歴のある人はほんとに尊敬しますよ。


3/3の走行距離39.2キロ
タイム:4時間4分16秒

往路:19.9キロ タイム:1時間57分31秒(1キロ平均5'54)
復路:19.3キロ タイム:2時間6分32秒(1キロ平均6'33)

また練習の幅が広がったかな。次はどこに走って行こうかなw

↓↓↓ クリック ↓↓↓
人気blog

陸上競技ランキングへ



テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。